「ラーメン」カテゴリーアーカイブ

青森駅前のおさない食堂にて豪華なランチを頂きました

2020年11月14日(土)は、青森市の青森駅前にある、おさない食堂にて豪華なランチを頂きました。場所は青森駅から新町通りをホテル青森の方に進んでいくと、左手に黄色い看板が目立つ食堂があります。営業時間は、11時00分~14時00分, 16時00分~20時00分で、昼の終了時間が早いのが要注意です。

入り口には、定食のメニューが貼られており、安価で飲食できることをアピールしています。

その他、メニューの展示も沢山されており、食べるもののイメージがしやすい感じです。

ホタテラーメンというのも面白いと思います。

店内に入ってきました。4人席のテーブル席が基本ですが、2人席もあるので、気にしなければ、お一人様でも入りやすいと思います。

メニューです。外に貼られていた定食や丼、ラーメンがおすすめというかサービスメニューのようです。

その他、安価な一品もあり、楽しそうです。

その他、海鮮系の豪華な定食から丼まで、観光客が満足しそうなメニューが沢山あります。

    

おさない食堂は観光客向けだけでなく、地元の住民にも愛されていて、下記のようなラーメンやカレーもメニューに揃えられているのが嬉しいです。

 

その他、お酒のつまみになりそうなものもあります。

私はこの店では、過去に、うにいくら丼などの海鮮丼や、ほたて貝焼きみそ定食など観光客がよく選びそうなベタな物を選んで食べていたのですが、今回ははらこめしにチャレンジしてみました。御飯の上に鮭のフレークといくらが乗っていて、ご飯が炊き込みご飯では無いのが面白いです。味は超美味しかったです。あと、お味噌汁も薄味で優しい味がして超美味しかったです。因みに私には、いくらの量はこれくらいで丁度いいので、次は、ご飯だけ大盛りで頼んでみようかと思います。

あと、箸入れが昭和な感じで渋いです。

という訳で、この日はそれなりに仕事をこなした後だったので、1,000円ちょっとの豪華なランチを楽しむことが出来ました。

次回はラーメンやカレーなどにもチャレンジしてみようと思います。

八戸市大字白銀町右新井田道の麺家しろうで朝ラーメンを頂きました

2020年8月9日(日)は、八戸市大字白銀町右新井田道の麺家しろうで朝ラーメンを頂きました。場所は、国道45号線の四本松の交差点を湊の方に曲がり、光星学院高校の前を過ぎて暫く走っていくと、下記の看板が見えてきます。隣に数台ですが、駐車場があります。

営業時間は10:30~19:30ですが水曜日は14:00までで、日曜日で朝市の開催日は6:00~19:30と早朝からの営業です。私はこの日は光星学院の前のラーメン三八に行こうとしたのですが何と営業時間前で、そのまま車を走らせていくうち、たまたまこの店を見つけて来店したのでした。店内は下記の通り、カウンターがメインです。

但し私たちは、たまたま1つだけある2人掛けのテーブル席に座れてラッキーです。

メニューです。醤油、塩、味噌と一通り揃っていますが、煮干し系が売りのようです。

その他、チャーハンや餃子など、サイドメニューも充実しています。色々な種類のある、しろうチャーハンというのが、楽しそうです。

この日は偶然、日曜日の早朝に来店できたので、サービスメニューの煮干し中華を頂きました。鶏ガラのスープがよく出ていて、かつ煮干しの味が濃厚で超おいしかったです。また、トッピングのチャーシューや煮卵も美味しく頂けました。

和ぶし中華です。こちらも鶏ガラのスープがよく出ていて、煮干しがブレンドされているらしいです。こちらも超おいしく頂けました。

3種ミックス餃子です。ニンニク餃子、旨辛餃子、ジューシー餃子が各2個入りです。どれも超おいしかったのですが、特にニンニク餃子が超おいしかったです。

という訳で、たまたま日曜日の朝に通りかかって見つけたラーメン店ですが、超おいしくて良かったです。次は平日の夕方に、塩ラーメンやみそラーメンをチャレンジしてみようと思います。

八戸市の館鼻岸壁にある漁港ストアで蕎麦や支那そばを頂きました

2020年3月8日(日)は、八戸市の館鼻岸壁にある漁港ストアで蕎麦や支那そばを頂きました。この店は新湊の岸壁を先っぽの方に進んでいくと、左手にあります。朝市の開催される場所と言った方がわかりやすいかも。店の目の前に車を停めて、店の中に入っていきます。営業時間としては7:00~15:00で、朝からやっているのも魅力だと思います。

最近はペイペイも使えるようですが、注文するものによって自販機やカウンターで直接に受け取るものとか散在しているので、すべてのメニューをペイペイで決済するのは難易度が高い店です。

下記が麺類のメニューですが、実際には、カウンターで注文するおにぎりやいなりずし、おでんなどが別メニューとしてあったりします。

なので、初心者の人は、難易度が高い店だと思います。

一通り、注文を済ませ、店の外にあるテーブルで待つことにします。

店の中の元売店のところにも複数のテーブルが置いてあるのですが、そこは混んでいることが多いので、自分はもっぱらテラス席っぽい下記の場所で食べることが多いです。

但し、スズメが近寄ってきてウザイ感じです。

下記は軟骨そばです。2年位前から、麺が手打ちの生めんになったとのことですが、下茹でしてあるからか、特にコシがあるわけでもなく、普通な感じです。

海鮮志那そばです。普通の醤油ラーメンにカモメちくわと細かく刻んだイカゲソ天ぷらが入っている感じです。こちらも15年前に八戸に来た時には新鮮に感じられましたが、今となっては、いたって普通の海鮮的な醤油ラーメンです。

この店では、睦男山のワンカップにカウンターの後ろに置いてあるタンクのから注いで水を飲むというスタイルです。タンクは震災前は青色だったのですが、現在は白色に代わっていました。夏の時期も中に氷が入っていて、いつでも冷たい水を飲むことができます。

この店では定番のサイドメニューの一部である、いなり寿司とおでんです。

おでんは、マルヨの丸天とぼたんちくわが八戸っぽい感じです。

いつもは、鮭フレーク入りの鮭おにぎりを頼むのですが、今日はカウンターに大量に置いてあったいなりずしを買い取りました。食品ロス問題に貢献できた気がします。

というわけで、店内に昭和歌謡が流れている独特な雰囲気もあり、新湊や陸奥湊界隈の人々には便利な蕎麦屋だと思いますが、観光客が来ても、八戸っぽい雰囲気に触れられる店だと思います。

八戸市小中野の洋光食堂にて唐揚げ定食とかを食べました

2020年2月23日(日)は、八戸市小中野の洋光食堂にて唐揚げ定食とかを食べました。場所は中心街の方から小中野を陸奥湊の方に向かっていった新井田川の橋の手前あたりで右に曲がった、住所としては小中野5丁目12−11に下記の洋光食堂があります。

店の入り口は道路沿いなので分かりやすいと思います。

営業時間は11:30~14:00と17:00~20:00で定休日は第一・第三の火曜日です。

メニューです。ラーメン関係がメインですが、店の前のメニューの推しでも分かるように、丼ものと半ラーメンのセットが売りのようです。

その他、丼もの単体のメニューも有るようです。但し残念なのは、昔あった唐揚げ定食やとんかつ定食などの定食物が裏メニューになってしまっていることです。

そこで恐る恐る、唐揚げはありますか?と聞いたところ、できるとのことだったので(忙しいときには多分断られると思います)、お言葉に甘えて、唐揚げ定食として頼んでみたのでした。下記が出てきた唐揚げ定食です。見ての通り、突き合わせの惣菜が半端なく多く、ご飯も大盛りという驚きの量です。

肝心の唐揚げですが、一つ一つが大きくて、私が大好きなゴリゴリ系のシンプルなものでした。味としては、今話題のから好し鳥さくに似ている感じです。味も超美味しくて、個人的には八戸市で一番美味しい唐揚げに認定したくなります。但し最近は、から好しとかで気軽に唐揚げ定食が食べられるようになってしまったので、あと10年早く、この唐揚げにたどり着いていれば良かったのにという残念な気持ちがあります。

因みに、下記は定食としてついてきた唐揚げ以外の一品の数々です。なんだこれ、とつぶやきたくなるくらい種類が豊富です。ご飯も大盛り。ほうれん草のお浸しはかき醤油をかけて食べたのですが、生姜が効いていて美味しかったです。

その他、みそラーメンも頼んでみました。スープと野菜炒めは、昭和的な懐かしい味がして、個人的には大好きな味でした。但し麺は熊さんの細麺を使っていると思われ、太麺だったら完璧なのにという残念感が残ります。

次は、中華丼やカツ丼など丼物とのセットメニューや餃子にチャレンジしてみようと思います。

八戸市類家のラーメン山岡家八戸店で豚骨ラーメンや朝ラーメンとかを食べました

2019年12月8日(日)は、八戸市類家のラーメン山岡家八戸店で豚骨ラーメンとかを食べました。場所は国道45号線の類家や青葉あたりの、昔はステーキけんとかがあった吉野家やラーメンちとせやの隣あたりです。

この店は24時間営業なので、今回は朝ラーを試しに、7:00前に来店してみました。私は山岡家を2006年頃に札幌のすすきので知ったのですが、当時は八戸市には、まともなラーメン屋が少なくて、それ以来、札幌出張時に山岡家に行くのが楽しみになっていた思い出の店です。

入り口の横に、下記のメニューが張ってあるので分かりやすいです。たとえばスタンダードというのは、醤油、味噌、塩が選べますが、どれも基本的に豚骨ベースのスープです。その他、トッピングも自由に追加できます。

店内に入っていくと、下記の券売機に現金を投入してから、好きなメニューを選んで食券を購入します。

但し、テーブル席でも現金で追加注文が可能なようです。

サービス券ももらいました。5枚ためると餃子無料なので、頑張って集めようと思います。

テーブルに据え付けの調味料関係です。にんにくと豆板醤で好みの味に味変できるようです。

これは、醤油ラーメンの白髪ねぎトッピングです。豚骨ベースの醤油ラーメンといった感じで、とても深い味がして超美味しいです。八戸の人が大好きな味だと思います。

みそラーメンです。豚骨ベースのみそラーメンといった感じで、普通に美味しいです。ただ個人的には、みそラーメンは豚骨の出汁は薄めで食べたいところです(あくまでも個人の好みですが)。

山岡家のラーメンは、ライスと一緒に食べることをおすすめします。濃いスープがライスと超合うので、ご飯が進みます。

また別の日には、朝ラーメンを試してみました。山岡家の朝ラーは470円と、通常の価格より安めに設定されてます。但し、朝の5:00から11:00の時間限定でのメニューです。

麺が細麺で、スープも通常よりはさっぱりしており、ゴマが沢山入っていたのが印象的でした。また、梅肉がいい感じにスープに溶けて美味しかったです。これはオススメ。山岡家の朝ラーも半ライスがよく会います。

というわけで、八戸市内に24時間食べれるとんこつラーメン屋ができたのは画期的だと思います。今後の推移を見守りたいと思います。

藤崎町の中華そば我が家にて辛味噌ラーメンや黒石焼きそばとかを食べました

2019年11月17日(土)は、藤崎町の中華そば我が家にて辛味噌ラーメンや焼きそばとかを食べました。場所は青森県藤崎町の国道7号線の下りを弘前から藤崎ジャスコを抜け青森方面にしばらく走ると下記のラーメン店があります。

営業時間は11:00~15:00と17:00~19:30頃までで、定休日は毎週水曜日と第2木曜日とのこと。この店のイチオシのメニューは、みそラーメンと思われ、他にも醤油系の中華そばと黒石やきそばというのもあります。あと、ミニチャーシュー丼というのも、かなりの若者が注文していました。

その他、チャーシューがお持ち帰りできるのも面白いです。

今回は手始めに、辛味噌ラーメンというのを食べてみました。麺は細い卵麺系で、スープと良く絡みました。あと、味噌スープは白い津軽味噌系だそうです。その他、野菜やワカメ、コーンも大量に入っていました。味は普通にとても美味しかったです。この店の近くには宝来軒という店があり、みそラーメンでゆうめいなのですが、我が家のみそラーメンも白味噌がいい感じ美味しかったです。あと、チャーシューが豚バラと思われ、ホロホロと崩れる感じで超美味しかったです。但し、辛味噌を全部とかしたので、めっちゃ辛かったです。次は、普通のみそラーメンを卵をトッピングして食べたいです。

中華そばです。ベーシックな味ですが、スープは深い味がして普通に美味しかったです。こちらのチャーシューは肩ロースっぽい感じで、食べごたえがありました。

この日の店内ではお腹がいっぱいになってしまったので、お土産の1パック250円の黒石焼きそばを自宅で食べてみました。薄味な感じで、麺はもちもちと弾力があり、超美味しかったです。今度は、店で出来たても食べてみるのも面白いかも。

という訳で、藤崎町あたりでみそラーメンが食べたくなった時の選択肢が増えて良かったです。

山形県新庄市の新庄駅前にある新旬屋 麺 新庄本店にて金の鶏中華(鳥モツラーメン)を食べました

2019年8月12日(月)は山形県新庄市の新庄駅前にある新旬屋 麺 新庄本店にて鳥モツラーメンを食べました。私はグリーンホテル新庄駅前に宿泊したので、そのホテルの真裏にこのラーメン屋がありましたが、新庄駅前からは繁華街の方へ向かっていくと直ぐに店にたどり着くと思います。

駅前のラーメン屋ですが、下記の通り、駐車場も完備されています。営業時間は10:30~14:30と16:30~20:00ですが、金土と祝前日は翌3:00まで営業しているとのことです。なお、火曜日は定休日です。そういえば、グリーンホテルに泊まった時の深夜、路上での酔っぱらった?若者の男女たちの大きな声がしてにぎやかかったです。

店舗の裏のグリーンホテル側にも数台分の駐車スペースがあり、満車の場合には、中心商店街駅前商店会駐車場を午後4:00までは無料で利用できるとのこと。

店舗に入っていくと、いきなり下記の自動販売機があります。この中から選べということのようです。

オススメは金の鶏中華や山形名物の鶏中華クラシックのようです。

その他、自販機では選べませんでしたが、鶏味噌中華や鶏辛味噌中華というのも気になります。

更に、お酒関係も安価に提供しているようです。

という訳で、今回はオススメの金の鶏中華や山形名物の鶏中華クラシック、更には店内手作りの海老ワンタン揚げと生ビールにチャレンジしてみました。

店内の様子です。この日は私達以外は全員お一人様でのご来店で、皆さんカウンターに座っていました。お一人様にも優しい店の作りだと思います。

出来ない理由を探すのではなく出来るために努力するとのことです。足らぬ足らぬは努力が足らぬという意味でしょうか?

店内でもアルコール類やおつまみっぽいものが追加でオーダできるようです。

先ずは、外の自販機で食券を購入した生ビールが来ました。駆けつけ一杯といったところです。

更に、海老ワンタン揚げも到着。中に入っている海老が大きくてぷりぷりしており、ビールが進みました。

金の鶏中華です。鶏の旨味が凝縮された至極の一杯というフレーズ通り、スープは鶏のあらゆる部位から抽出しているらしいです。実物はスープが金色に光っていて神々しい感じすらします。一口飲むと旨さが広がり、今までに経験したことのない美味しさが広がります。但し、この後の鶏中華クラシックよりはあっさりしていてい食べやすい感じです。麺は縮れ麺でスープが良く絡んで美味しいです。キンカンや鳥モツもラーメンやスープに良く合い、究極の一杯と言えると思います。

山形名物の鶏中華クラシック手作り海老ワンタン入りで、初代鶏中華だそうです。スープは蕎麦の返しを使っているらしく、超濃厚な味がしました。麺はストレート麺で白いのですが、しっかりとしたコシがあり、味も美味しかったです。あと、歯ごたえのある親鶏を茹でたもの?が大量に入っていてボリューム感を出していました。最初は豚バラかと思ったのですが、とにかく肉肉しくて美味しかったです。あと、天かすやネギも大量に入っていましたが、麺を食べ進めるうちに、殆ど食べ尽くしてしまいました。

という訳で、新旬屋 麺 新庄本店のラーメンはまさに、「青森にはなかった味」の言葉にふさわしく、暫くしたら、また食べたくなるような鶏出汁が濃厚なラーメンでした。くだらないのですが、不謹慎にも残ったスープを持って帰って家で茹でたラーメンで食べたいと思ってしまいました。そういえば、ネットでお取り寄せも出来るようなので、今度頼んでみようと思います。山形県新庄市の駅前で豚骨系ではないラーメンを食べたくなったら、超オススメのお店だと思います。

秋田県大仙市大曲中通町のRA-MEN HARA8(ラーメン HARA8, はらはち)にて豚骨魚介ラーメンを頂きました

2018年8月10日(土)は、秋田県大仙市大曲中通町のRA-MEN HARA8(ラーメン HARA8)にて豚骨魚介ラーメンを頂きました。場所は秋田新幹線も停まる大曲駅から歩いて直ぐの場所にあります。入り口はオシャレな感じで、中はカウンターがメインですが、4人がけのテーブル席もあり、私達はテーブル席に座らせて頂きました。

最近のラーメン屋に多い券売機がメニューになっているという、効率的なシステムになっています。店主のオススメは豚骨魚介醤油ラーメンと豚骨魚介塩ラーメンとのことです。その他、ビールや焼酎、ハイボールなど、お酒も楽しめるようです。

豚骨魚介醤油ラーメンです。麺は長方形なタイプですが、モチモチ感があり、かつ麺の味もしっかりとしていて、私は好きなタイプです。スープはドロっと系で、確かに豚骨魚介醤油の味が濃厚で美味かったです。全部入りと思われ、煮玉子はいい感じで半熟で美味しかったです。また、岩のりは磯の香りが広がり、ラーメンにマッチしていました。チャーシュも2枚入りで、もちろん美味しかったです。更にネギは、いい風味が入って美味しかったです。スープは美味しかったので、殆ど飲み干せました。

豚骨魚介醤油です。こちらは豚骨魚介の味がするものの控えめで、あっさりしていて食べやすい感じでした。これなら豚骨が苦手の人も安心だと思います。

あと、知らなかったのですが、女性にはヨーグルトのサービスもあるとのことで有り難かったです。

という訳で、大曲駅前で豚骨魚介系のラーメンが食べたかったら、ラーメン HARA8はオススメの店だと思います。

仙台市五橋の担々麺たかはし(高橋)で担々麺のラーメンを頂きました

2019年6月24日(月)は仙台市五橋の担々麺たかはし(高橋)で担々麺のラーメンを頂きました。この日は東北大学の片平キャンパス内にある東北大学電気通信研究所に用があったのですが

下記の看板をみて無性に食べたくなり、店に入ってしまいました。

営業時間は昼は11:30~15:00、夜は17:00~21:00で、定休日は日曜日と毎月第2水曜日だそうです。

メニューです。担々麺以外にもマヨめしや水餃子が気になります。

ランチタイム無料や学生の割引が嬉しいです。因みに店内では店主の趣味なのか、ナウでヤングかつイカしたロックナンバー?レゲエっぽい曲がかかっていました。80Sの洋曲が好きで平凡な一般庶民のTeamたねちゃんでも良さげな曲だと思いました。

今回は一番人気らしい白胡麻担々麺を試してみました。平打ち麺の担々麺というのが珍しいです。個人的にはもう少し玉子麺ぽいのが好きなのですが、担々麺のスープは超美味しかったです。

担々麺のスープが美味しかったので、ランチタイムにサービスのご飯も進みました。

美味しかったので、また片平キャンパスや電気通信研究所に用がある時、お世話になろうと思います。

八戸市旭が丘のチャイニーズレストラン・ちゃぷすい(炒不砕 )にて美味しい中華料理を頂きました

2019年7月4日(木)は、八戸市旭が丘のチャイニーズレストラン・ちゃぷすい(炒不砕 )にて美味しい中華料理を頂きました。場所は旭ヶ丘団地の前の青森銀行や郵便局が密集している、興産タクシーの隣です。営業時間は11時30分~14時30分と17時30分~20時30分で、定休日は月曜日とのこと。

この店は辛いことで有名な四川料理がベースだそうで、八工大の先生だった気がして昔に超意地悪された、今は東○学院大学にいるらしい人に美味しいと聞いた記憶がある気がしますが、今更ながら今回なんとなくこの店に初めてチャレンジしました。

この店はランチメニューが評判のようで、昼時はサラリーマンなどで超混むらしいです。

メニューです。予約料理を推していて、今度アニバーサリーの時にでも電話予約(0178-25-8989)して使ってみようと思います。更に、冷菜料理としては、四川風バンバンジーというのが気になります。

スープ、エビ・イカ・魚介料理と牛・豚・鶏肉料理です。どれも本格的な中華料理っぽくて美味しそうです。

野菜・豆腐・玉子料理です。青梗菜の広東風オイスター炒めというのは定番な感じです。更に、麻婆豆腐と麻婆茄子が名物のようです。

後は、ご飯物と麺類です。五目あんかけやきそばが美味しそうです。

飲み物としては、ビール、冷酒、紹興酒、酎ハイが選べるようです。

今回は夕方の来店だったので、手始めに天津飯を食べたかったのですが、食材のストックが少なく、更にカニが切れていて出来ないとのことなので、出来そうなものを聞いた後、塩味スープ五目麺を注文しました。

結果としては大正解で、塩味の効いたスープに、エビ、イカ、きくらげなど、これでもかと高級な食材が乗っており超美味しかったです。スープも美味しかったので、せっかくなので半ライスも頼んで一緒に食べました。

また別の日には、一人3000円(税別)のコースもお願いしました。先ずは前菜の薄切りバラ肉のバーリックソースがけです。さっぱりしていて食べやすく超美味しかったです。ビールや紹興酒が進みました。

エビのオーロラソースです。これは大ぶりで高級なエビにマヨネーズをベースとしたソースがかかっていて、濃厚な味がして超美味しかったです。

カニのシンジョウの揚げ物(カニ爪フライ)と揚げ春巻きです。カニのシンジョウの揚げ物はカニ?エビ?がプリプリとしていて絶品でした。また揚げ春巻きも凄く美味しかったです。

若鶏のピリ辛炒めだと思います。酢豚的な味がして超美味しかったです。

回鍋肉です。本来はコースのメニューに含まれていないのですが、特別に調理してもらいました。キャベツと肉のバランスが良くて超美味しかったです。

この店の名物料理の麻婆豆腐です。噂通り超辛かったのですが、旨味が溢れていて美味しく頂けました。

水餃子です。麻婆豆腐が超辛かったので、スープで中和できて美味しく頂けました。

デザートの杏仁豆腐です。手作りな感じで、蜜もメイプルシロップ?っぽくて凄く美味しかったです。

という訳で、噂通りチャプスイは超美味しい中華料理店でした。これは八戸のグルメ王も大満足です。学校帰りの通り道に美味しい店を発見したので、次はランチの定食、牛肉細切りあんかけご飯、担々麺や唐揚げをチャレンジしてみようと思います。