「ラーメン」カテゴリーアーカイブ

藤崎町の中華そば我が家にて辛味噌ラーメンや黒石焼きそばとかを食べました

2019年11月17日(土)は、藤崎町の中華そば我が家にて辛味噌ラーメンや焼きそばとかを食べました。場所は青森県藤崎町の国道7号線の下りを弘前から藤崎ジャスコを抜け青森方面にしばらく走ると下記のラーメン店があります。

営業時間は11:00~15:00と17:00~19:30頃までで、定休日は毎週水曜日と第2木曜日とのこと。この店のイチオシのメニューは、みそラーメンと思われ、他にも醤油系の中華そばと黒石やきそばというのもあります。あと、ミニチャーシュー丼というのも、かなりの若者が注文していました。

その他、チャーシューがお持ち帰りできるのも面白いです。

今回は手始めに、辛味噌ラーメンというのを食べてみました。麺は細い卵麺系で、スープと良く絡みました。あと、味噌スープは白い津軽味噌系だそうです。その他、野菜やワカメ、コーンも大量に入っていました。味は普通にとても美味しかったです。この店の近くには宝来軒という店があり、みそラーメンでゆうめいなのですが、我が家のみそラーメンも白味噌がいい感じ美味しかったです。あと、チャーシューが豚バラと思われ、ホロホロと崩れる感じで超美味しかったです。但し、辛味噌を全部とかしたので、めっちゃ辛かったです。次は、普通のみそラーメンを卵をトッピングして食べたいです。

中華そばです。ベーシックな味ですが、スープは深い味がして普通に美味しかったです。こちらのチャーシューは肩ロースっぽい感じで、食べごたえがありました。

この日の店内ではお腹がいっぱいになってしまったので、お土産の1パック250円の黒石焼きそばを自宅で食べてみました。薄味な感じで、麺はもちもちと弾力があり、超美味しかったです。今度は、店で出来たても食べてみるのも面白いかも。

という訳で、藤崎町あたりでみそラーメンが食べたくなった時の選択肢が増えて良かったです。

八戸市白銀台の天天で中華料理のセットを頂きました

2019年4月25日(木)は、八戸市白銀台の天天で中華料理のセットを頂きました。国道45号線から、湊高台か旭ヶ丘で八戸北高の方に曲がり、北高の前やマエダ(旧みなとや)白銀大久保店の前を更に白浜海岸というか種差海岸の方に進んでいくと、下記の看板があります。

周囲が開けているので、下記の店舗は見つけやすいと思います。

営業時間は昼が11:30~15:00、夜は17:00~20:30で、確か土曜日と日曜日は昼から夜まで連続営業していたはずです(間違っているかもしれないので、この時間帯に行くときは、事前に電話(0178-35-5060)で確認したほうが良いかも)。なお、定休日は水曜日です。

店に入ってきました。4人がけのテーブルが2つあり、店の手前に壁に向きあう2人がけのテーブルもあった気がします。店の中は掃除が行き届いており、とても綺麗で清潔な感じです。

その他、小上がりもあります。

テーブル横の水槽の中の金魚に癒やされます。

メニューです。まず、メインとして、麺類か、ご飯類を選びます。あと、好きな麺類やご飯類に、A~Dの料理を追加料金で頼めるようです。

また、別途に頼める一品料理は下記の通り。個人的には、餃子と唐揚げに興味があります。

更に、お得なセットメニューとして、チャーハンかラーメンの他に好きな一品料理をつけられるようです。

その他、定食メニューとしてエビチリ定食、酢豚定食、四川麻婆豆腐定食というのがあるようです。

今週の日替わりメニューとしては、下記のとおりです。

私は手始めとして、野菜塩ラーメンにミニチャーハンと唐揚げ3個付を追加で注文してみました。

野菜塩ラーメンの麺はいたって普通な感じですが、野菜の具が色々と入っていて面白かったです。あと塩味のスープはコクがあって超美味しかったです。

チャーハンはしっとり系で、量が手頃なのが私には丁度よかったです。

唐揚げは国産の鶏を使用しているらしく、私の大好きな、つききん系のコロモが厚くてカラッと揚がっている系なので大満足です。夕方に八工大の近くで定食として美味しい唐揚げ定食を食べられる店が見つかってよかったです。

別の日にはラーメンセットで一品は唐揚げというのを頼みました。また、この日は夏で暑かったので、飲み物はアイスコーヒーをチョイスしました。

まず、ラーメンはシンプルな醤油ラーメンで、チャーシューも大きくて普通に美味しかったです。

今日の唐揚げは、衣が薄めで普通な感じでしたが、揚げたてなこともあって超美味しかったです。

突き合わせの餃子です。餡がたくさん詰まっていて超美味しいので、次は単品で頼んでみようと思います。

その他、天天は毎週日曜日の館鼻岸壁の朝市にも出店していて、実は私は朝市で、この店の存在を知った次第です。下記は天津丼(天津飯)で、買った時点で熱々で、深い味がして超美味しかったです。

あんかけ焼きそばです。餡の中に貝など食材が沢山入っていて超絶美味しかったです。天天の中華は超美味しいので、朝市でファンになりました。

下記も毎週日曜日の館鼻岸壁の朝市で買ったソースカツ丼です。ソースの味が深くてとても美味しかったです。あと、突き合わせの煮玉子も嬉しい限り。

というわけで、ハ工大からの帰りの夕飯として、なかなか良さげな中華料理店が発掘できたので、次回はお得なラーメンセット(ラーメン、ライス、サラダ、ドリンク)+一品料理として唐揚げというのにチャレンジしてみようと思います。

八戸市白銀のハルピン飯店にて本格的な中華料理を頂きました

2018年10月9日(火)は、八戸市白銀のハルピン飯店にて、本格的な中華料理を頂きました。この店は五戸にゆかりのある方なら知る人ぞ知る名店です。八戸店の住所は八戸市大字白銀町字人形沢14−5なのですが、国道45号線からは四本松の交差点を種差海岸というか白浜海岸というか蕪島の方に曲がった後ひらすら走っていくと、八戸水産高の裏辺りにこの店があります。また、ゆりの木通りから蕪島の方にひたすら走っていっても、工大一高の前を通ってハルピン飯店に到達できます。

私は、このハルピン飯店の全盛期を知っています。10年以上も前の2005年か2006年頃の話です。八戸工大の電気電子工学科に中国から留学生を迎えたのですが、その学生の面倒を中国語が堪能な五戸本店のオーナーが全面的に見てくださっていました。そして、五戸本店での関係者の交流会に呼ばれた時には二階の個室に通され、中国から来日された一流の料理人の方がガンガン作ってた種々の中華料理や紹興酒などを、当時の前学長や当時の中国語の先生、台湾から来日された若手の女性の先生、更には博士後期課程として留学されていた瀋陽工業大学の若手の先生などで囲み堪能した記憶があります。その時には、中国人の料理人が個室まで挨拶までしに来てくれました。

また、その時は、ゆくゆくは仙台などにも出店したいと熱く語っていらした江渡さんというオーナーの方が印象深かったです。そういえば、十和田にも支店があるみたいなのですが、ハルピン飯店の八戸支店に来たのは今回が始めてです。定休日は月曜日と木曜日で、営業時間は11:00~14:00と17:00~20:00とのことです。

店に入ってきました。店内のノレンの電話番号が、入り口と異なるのは多分、本店か何処かの支店のものを持ってきたからだと思います。

過去の栄光を偲ばせる、哈爾浜飯店と印刷されたお酒も飾られています。

八戸支店のメニューです。他の方のブログでは、酸っぱい辛いメンというのが人気らしいです。あと、餃子とかも普通に皆さん食べられているようです。

飲み物はこんな感じで、ビールや紹興酒などが一通り揃っています。また、飲み放題2時間1500円というのも気になります。

というわけで、今回は中華丼と焼餃子を頼んでみました。まず最初に焼餃子(6個)が出てきたのですが、注文時、にんにく入りか無しか選べと言われたので、迷わずニンニク入りを注文しました。餃子は中の餡に旨味が詰まっていて、メッチャ美味しかったです。これは、お持ち帰りし家で食べても美味しいと思います。

中華丼です。とにかく具沢山で、特に肉とキクラゲがいい味出してました。あと、中華餡に旨味が凝縮されており、めちゃくちゃ美味しかったです。この味は本格的な中華料理店ならではで、家庭では出せない味だと思います。

中華丼に付いていたスープは、昭和の時代を思い出すような懐かしい味がしました。

また、別の日には、麻婆豆腐にチャレンジしてみました。マスターにウチのは辛いよと警告されたのですが、気にせず注文しました。花山椒が効いていて本格的な味で美味しかったです。

この日も焼き餃子を食べましたが、焼き具合も完璧で超美味しかったです。これは大オススメ。

チャーハンです。シンプルな味付けで超美味しかったです。突き合わせのザーサイもメッチャ美味しかったです。

みそラーメンです。細麺なのですが、ミソのスープが超美味しくて意外と細麺と合っていました。美味しくて、麺を食べ終わった後も、普段は飲まないスープをたくさん飲んでしまいました。

麻婆豆腐が超辛かったので、烏龍茶も頼みましたが、普通に美味しかったです。

せっかくなので、お土産の冷凍生餃子を買って帰りました。本当は6個入なのですが、1つおまけしてくれました。あと、ハルピン飯店の箸袋も貰えたのが、地味に嬉しかったです。

ハルピン飯店のお持ち帰り餃子を自宅で焼いて食べましたが、うまく焼けて超美味しかったです。

というわけで、居抜きだからか店舗は少々古いのですが、味に関しては、ハルピン飯店の中華料理は満点だと言えます。次は是非、美味しいと評判の酸っぱい辛い麺やスープ餃子にチャレンジしてみたいと思います。

 

八戸市江陽のラーメン家 三八でシャモロックラーメンを食べました

2018年9月30日(日)は、八戸市江陽のラーメン家 三八でシャモロックラーメンを食べました。この日は台風が近づいていて天気が悪かったのですが、早起きして舘鼻の朝市に行きました。そして、その帰りにこの店に寄ってみました。ネットで調べると、似たようなチェーン店があるようなので要注意です。ラピアからだと比較的に簡単に、下記の店にたどり着くと思います。

年中無休なのですが、営業時間が6:30~15:00という変わった設定です。もともと市場の方々が仕事後に利用していたため、この様な営業時間になったようです。この日は日曜日だったからか、朝市後のお客さんが多く来店していた気がします。八戸に良く居がちな自称常連みたいな人が、メニューにはないチャンポンというのを頼んで、席をあちこち移動したりと妙に目立っていました。

私は、初めてだったので、美味しいと評判のシャモロックラーメンを食べてみました。自分でセルフで盛れるご飯が無料というのも、地味に嬉しいです。支払いは自分でお金を置いてお釣りも取るという八戸スタイルです。

シャモロックラーメンは噂通り、500円という激安にもかかわらず、鶏ガラ?の出汁が濃厚で、超美味しかったです。厨房で使っている麺の袋が見えてしまったのですが、木村屋か松倉製麺所を使っていると思います。これらの八戸では定番の麺は、醤油ベースのラーメンに良く合うと思います。八戸在住の自称ラーメン通の人は、一度は試すべきラーメンだと思います。

海苔に隠れていて気が付かなかったのですが、煮玉子やチャーシューもちゃんと入っているという太っ腹さです。通は丼(特にイカ丼)をセットにして食べるみたいなので、次は是非、イカ丼にもチャレンジしてみようと思います。

 

 

八戸市八太郎の博多屋でとんこつラーメンを食べました

2018年4月14日(土)は、八戸市八太郎の博多屋で、とんこつラーメンを食べました。八戸市の中心街からシンフォニープラザやGUの前を日計の自衛隊の方に走っていくと下記の看板があります。フェリーターミナルから八太郎の方に走っていっても、この辺に到着することが出来ます。

営業時間は11:00~18:00で、定休日は火曜日とのこと。最近の飲食店は14:00~17:30くらいまで昼休みをとる店が多いのですが、博多屋は夕方まで連続営業していているので安心です。

メニューです。 博多ラーメン、もやしラーメン、博多チャーシューメンとシンプルな構成で、様々なトッピングが選べます。11:00~15:00の時間帯は小ライスをつけると50円引きで食べれるのが嬉しいです。

あと、この店はお一人様での来店がとても多いのが特徴で、麺の種類、麺を茹でる硬さ、油の量を選択する必要があります。そして、チリバリのこってり(ちぢれ麵で凄い固ゆで)とか、カタコテ(固ゆでで脂がこってり)の岩ノリとか専門用語が飛び交い、初めて来た人は躊躇するような独特な雰囲気があります。

あと、小ライスが2つで替え玉も2回も頼むとか、独特な頼み方をしてる人もいます。まるで自分流の頼み方を競っているようにも感じ面白いです。この店は替え玉が基本のようで、半数以上の人が替え玉を頼んでいます。

先ずは定番の博多ラーメンです。私はまだ初心者なので、いつも、”全部普通!”と言って注文しています。ここのラーメンは最初に食べた時には良くわからないのですが、何度か食べると癖になってきて、たまに無性に食べたくなったりします。

まだこの店の注文方式には慣れていないのですが、この日は頑張って味付け卵をトッピングしてみました。博多ラーメンといえば、高菜のトッピングが定番です。

但し、この店の高菜は超辛いので要注意。煮玉子は燻製のような深い味がしてメチャメチャ美味しいです。玉子好きの人は是非頼んで貰いたい一品です。この日は頑張って、小ライスもつけてみました。こってりしたスープにはライスが良く合います。何回か来店して店の雰囲気にも慣れてきたので、次は自分の好みと思われる、「チリめんでヤワの油こってり、岩ノリと玉子のトッピングと小ライス」にチャレンジしてみようと思います。

博多屋のすぐ近くには横浜家系のラーメン屋があり、昔はよくお世話になっていたのですが、最近はちとせ家や、たつのやなど、似たラーメンを出す店が乱立してしまい、この界隈に来たら博多屋でラーメンを食べることが多くなりました。というわけで、八戸に居て昼間に突然、博多ラーメンが食べたくなったら、超お勧めの店です。

追伸として、別の日に行ってみたら、何と、店内に自販機が設置されていました。券売機で希望のラーメンとトッピングなどを選び、面の茹で方やスープの濃さは、券に丸をつけて選択するという極めて効率的なシステムに変貌を遂げていました。

これなら、初心者で独特の注文法に躊躇していたシャイな人でも好みのラーメンを選べます。煩雑な現金のやり取りも無くなり、正に一石三鳥といった感じです。ということで、まさかの展開ではありますが、晴れて自分の試したかった「チリめんでヤワの油こってり、岩ノリと玉子のトッピングと小ライス」にチャレンジしてみました。

岩のりが豚骨スープに良く合い、最高の美味しさでした。次は、少しアレンジして「ストレートめんでヤワの油こってり、岩ノリと玉子のトッピングと小ライス」にチャレンジしてみようと思います。ということで、帰ろうと思って上を振り向くと下記の看板があることを発見しました。今まで気が付かなかったのが不思議です。

なんと、博多屋のラーメンがお持ち帰りできるとのこと!。このチャンスを逃しては行けないと、自販機に1,500円を突っ込んで、お持ち帰り用ラーメンを注文しました。

店主の方のお名前は、澤田さんだったんですね。いつもお世話になっております。

今回は、ストレートとちぢれ麺の両方を頼んだのですが、色と見た目の余りの違いにびっくりしました。

中に作り方の説明書が入っていて、必ずちゃんと読んで作るようにとのことだったので、作ったらまたブログにアップしようと思います。ということで、後日あらためて作ってみました。

実は諸事情により、麺を一度冷凍してしまったのですが、説明書の通り作ったら(麺の茹で時間は若干短め)、普通に美味しく出来ました。この日は昆布だしの明太子と、自作の煮玉子とともに頂きましたが、相性も抜群で超美味しかったです。少し手間はかかりますが、持ち帰りのラーメンでも、自宅でゆっくり博多屋の味が楽しめることが分かりました。

八戸市吹上の南国食堂にて唐揚げ定食を食べました

2017年11月22日(水)は青森県六ヶ所村にある核融合研究所の所長先生によるご講演会の後、八戸市役所に近い内丸のロータリー近辺の御食事処にて皆で食事しました。そして、その後のシメ?として、更に八戸市吹上の南国食堂にて唐揚げ定食を食べてみました。南国食堂の唐揚げは以前、八工大の先生だった方に、「おねいさんたちが沢山居て、お金さえ払えばお酒を沢山出して楽しくお話をして癒してくれる店」に連れていってもらった時、元先生の機転で差し入れとして買っていった記憶があるのみです。その後、お店自体はてっきり閉店していたと勘違いしていたのですが、偶然に店の前を通った時、なんとまだ営業していることを知ったのでした。そこで、自称から揚げ博士としてはやはり絶対に負けられない戦いというものがあり、この機会に南国食堂にチャレンジしてみたのでした。

入り口の商品サンプルも昭和的な懐かしい感じです。

営業時間は18:00~翌1:00、定休日は日曜日とのことで、この日は店に到着したのが21:00過ぎということもあり、下記の通りお店の周りがメッチャさびしい感じです。南国食堂の周りの界隈にはその昔、飲み屋が沢山あった様ですが、時代も変わり平成29年の今、大部分が取り壊されて区画整理が進み、 数えるほどの店しか残っていない感じです。夏草や強者どもが夢のあと。そして夜は、この界隈は北の酒場通りというか、場末のスナックといったイケナイ雰囲気となっています。更に、この食堂前は暗闇の中に食堂南国という看板が怪しく光っていました。

 

という訳で、とりあえず勇気を振り絞って中に入ってみました。

店の中ははっきりいって昭和から時が止まってしまった感じで、その頃に撮られた映画でも見ている様です。

   

何故か安比高原のマップが。マスターの趣味? 安比は色んなコースがありますな。

その他、武道関係の新聞切り抜きが沢山貼られています。

今は殆ど見かけなくなった、シャープや東芝の水冷式?クーラーなんていうのも残っています。とりあえず一人だったので、今日はカウンターに座ってみました。

  

先ずもって、カウンターの椅子が渋くていい味出しています。

メニューです。ぱっと開いてみましたが、まず「名物に旨いものあり!!」という意味が分かりません。この部分は何を訴えたいのでしょうか?  気を取り直してその他も一通り見渡してみましたが、他の人のブログではラーメンとかも結構美味しいらしいです。

  

ただ、かなり前から此処に来る目的は唐揚げの一択だったので、マスターとの若干の会話の末、迷わず1200円の唐揚げ定食を注文しました。奥に厨房があるらしく、注文後はマスターが奥にいって調理していました。因みに私がお店に居る間も何件かの電話があり、注文された料理(唐揚げ?)をおカミさんが出先に届けにいっている感じでした。定食の味噌汁には「つかはらのお麩」っぽい物も入っていました。

という訳で、昔の記憶には残っていなかったのですが、南国食堂の唐揚げはフライドチキンの様な骨付きで、素揚げを手で持って塩胡椒(いわゆるシーズニング)をつけ、かぶりつくという豪快なスタイルでした。鶏自体はカラッと揚がっており、普通に美味しかったです。あと、シーズニングをつけて食べる唐揚げは最近では少なくなった気がしますが、味が調整できて面白かったです。ただ個人的には、骨付きの唐揚げは苦手なので、骨無しのタイプの唐揚げも選べると嬉しいなと思いました。

また、別の日にはカウンターに座ってみました。ソファー的な椅子が昭和テイストでいい味出しています。座るたびにギーギー鳴るのも愛嬌です。

昔懐かしい、麻雀のアーケードゲームも設置されています。

   

この日はカツカレーを頼んでみましたが、はっきりいってメッチャ美味しかったです。私は金沢カレーが大好きなのですが、何故か南国食堂のカツカレーは、見た目も少し黒っぽくて金沢カレーと同じ様な味がしました。ここの超美味しいカレーを食べると、ココイチとかで食べるのが馬鹿らしく感じます。

皿に刻まれたキッチン南国という文字も、地味に渋いです。

また別の日には、飲み会の帰りに寄って、下記の醤油ラーメンを食べてみました。至って普通のラーメンなのですが、チャーシューが厚くて美味しかったです。あと、飲み会のシメにぴったりな味で、これからも飲んだ後に食べようと思います。

というわけで、他にも美味しそうなメニューがありそうなので、今度はエビフライ定食やトンカツや筋子のお茶漬けとか他のメニューもチャレンジしてみようと思います。

このような昭和テイストな雰囲気を残した店は年々減ってきているので、今のうちに昭和レトロな雰囲気を味わっておきたいお店です。

レモンマートやまむらの個性的なお惣菜について

私は今、八戸市類家に住んでいて、スーパーのレモンマートやまむら類家?青葉店?というか諏訪店が近所なので、この店の個性的なお惣菜について紹介させていただきます。まずは、のり弁当(唐揚げのりべん)です。このようなボリュームの弁当が290円というのは驚愕です。正にデフレを象徴しているような価格設定ですが、乗っている唐揚げもちくわ天もめっちゃ美味しいです。

カツ丼、手作り、おいしいよ。です。激安なのにとにかくメッチャ美味しかったです。大おススメ。

 

天丼です。買ったときには温かくて、その場で食べたら超美味だったのでしょうが、今回は持ち帰って暫くした後、チンして食べました。大きなエビも入っていて、野菜の天ぷらは特にピーマンと椎茸が超美味でした。超オススメです。

   

鶏ももの西京焼き弁当です。鶏ももが良い感じで漬かっていて、ご飯が進み超美味しかったです。

私の一番のお気に入り、鶏の照焼(山賊焼)です。ブラジル産のもも肉を使用しているとのことですが、胡椒?のスパイスが効いていて、甘辛いタレともマッチしており、最高に美味しいです。

若鶏唐揚げ(手作り、おいしいよ。)です。たまたま触ったら暖かかったので試しに買ってみたのですが、国産の若鶏を使っていて下味が良く浸かっていたからか超美味しかったです。八戸市内の唐揚げを色々と試している自称唐揚げ博士検索結果)、としてはつい厳しい評価をしてしまうのですが、これは唐揚げ博士お墨付きの逸品と言えるでしょう。

同じく、若鶏唐揚です。100gあたり128円で、ほぼ原価というチャレンジングな設定

例の陶板皿で電子レンジ再加熱(オーブン・トースター機能での加熱)しましたが、皮がカラッと揚がっており、味もシンプルで超美味しかったです。やまむらの唐揚げは、自称唐揚げ博士もお墨付きの美味しさです

鶏竜田揚げです。半身?に厚めのコロモが付けられています。

例の陶板皿で電子レンジ再加熱(オーブン・トースター機能での加熱)しましたが、カラッと感も復活し、コロモの塩加減が絶妙で超美味しかったです。

別の日に、やまむらの店内のお惣菜売り場にいたところ、おばちゃんが奥から出来たての唐揚げを持ってきたので、すかさず取りあげ家に帰ってすぐに食べました。揚げたてなこともありますが、下味がしっかりしていて超美味しかったです。近所のスーパーにこのレベルの美味しい唐揚げが置いてあれば、わざわざ大安食堂に買いに行く必要もない感じです。とにかくレモンマートやまむらの唐揚げはメッチャ美味しいので、一度は食べてみることをオススメします。

ニラレバー炒め「これはうまい」です。ニラレバ炒めは久しぶりに食べたのですが、ニラが大量に入っていて臭い強烈で超美味しかったです。これはオススメ。

イカ天です。衣がサクサクで中のいかもジューシーで超美味しかったです。自宅ではなかなかサクサクに出来ないので有り難い。

おつまみイカ塩天ぷらです。塩味が効いていて、確かにビールが進みそうな味で美味しかったです。

鮭フライです。揚げたてなこともあって、超美味しかったです。

ビックチキンカツです。写真では分からないと思いますが、巨大かつ肉厚で半端ない食べ応えです。とても一度では食べきれないので、夕ご飯と朝ご飯で二回に分けて食べました。ぶっちゃけ4人分くらいあると思います。大家族の財布にも優しい感じ。

せっかくなので、半分だけ皿に盛り付けてみたところ、オシャレな夕食になりました。

アジフライです。魚のフライトしては定番なので期待を裏切らない美味しさでした。

いわしフライです。

塩焼きにしても美味しいイワシですが、フライにしてもアジに負けない美味しさでした。

お好み焼き串です。普通に超美味しかったです。

ほうれん草ビビンバです。

そのままご飯にかけても美味しいのですが、更に業務スーパーで買った199円の牛タンしぐれという名の瓶詰めの肉そぼろを混ぜてご飯にかけたところ、完璧なビビンバの味になり超美味しかったです。これはオススメ。

手羽元と玉子のうま煮です。手羽元は煮込まれていてトロトロで、玉子も味がしみていて超美味しかったです。

 

なす炒め(麻婆茄子)です。普通に美味しくて白ごはんがモリモリ進みました。

また別の日には、とんかつを買いました。

そして、金沢カレーのレトルトカレーと一緒に食べましたが、超おいしかったです。

自家製サンマ煮付です。まさに昭和時代のおばあちゃんの味といった感じで、日本人の心を揺すぶられる深い味がし、超美味しいです。

   

スパゲティサラダです。マヨネーズ好きならたまに無性に食べたくなる定番の味、もちろん美味しかったです。

タコとワカメの酢の物です。お酒やしょっぱいものばかり食べていると体に悪いので、たまに酢の物が食べたくなります。

糠塚きゅうりです。6月から7月の初夏にかけて、八戸市内のスーパーで見かけます。

この日は味噌マヨネーズで頂きましたが、サッパリとしていて超美味しいです。

塩おにぎりです。美味しい惣菜には、白ごはんが良く合います。

   

三陸産おさしみわかめです。新鮮で超美味しいです。

味の海翁堂からの仕入れのようです。

梅漬けです。梅干しとの違いがよく分かりませんが、三戸郡南部町産というのが嬉しいです。普通に美味しかったです。

青森県産ホタテ(生)刺身用です。やまむらは高級な刺身が少量から買えるのが魅力です。

台湾産・冷凍マグロ(バチ)です。2017年頃、八戸市内の刺身用バチマグロの流通が少ない時代があったのですが、そんな時でもやまむらはバチマグロの刺身の陳列を切らしたことがありませんでした。なので、やまむらにはとても感謝しています。

塩釜産・生マグロ(バチ)です。スジが多いのが気になりましたが、味は普通に美味しかったです。

和歌山県産の生マグロ(バチ)です。超美味しかったです。やまむらはバチマグロでも様々な産地のものを楽しめるのが良いです。

青森県産の本マグロ(生)です。

普通に超美味しかったです。

これはうまい。という名のお寿司で、398円とやはり激安です。多分、毎月最終土曜日の広告の品であり、とにかく安のですが、味については皆さんのご判断にお任せします。

お寿司(海鮮丼)で、398円とやはり激安です。以前ここで買って食べた生寿司が微妙だったので、かなり警戒していたのですが、この海鮮丼は載っているネタが新鮮で、かつご飯とのマッチングも良く超美味しかったです。卵焼きも美味しく頂けました。

特にボタン海老?みたいな高級なネタが載っていたのが印象的でした。

北光という名のさくらんぼです。普通に美味しかったです。

タカミメロンです。300円とお買い得でしたが、もう少し甘みが強いと嬉しいです。

八戸市青葉の木村製麺所(木村屋)による、みそ味ラーメンです。木村製麺所は、私がひいきにしている麺道蘭というラーメンショップも展開していて(木村屋の近くに麺道蘭の青葉本店あり)、中でもかっとびラーメンというのが、お気に入りです。大型スーパーでは見かけない、「やまむら」ならではの超レアな一品が見つけられるのは流石です。期待通りのマニアックな品揃えに博士もうなります。超美味しかったので大満足です。

   

さくっと軽い「えび塩せんべい」です。塩味とエビの風味が効いていて、止められない止まらない◯◯えびせんのようなイケナイ味です。

青森県三戸産のぶどうジュースで、毎年2月ごろに店頭に並びます。スチューベンを使っているので、山ぶどうのジュースよりも安いです。ストレートなので、水で割ってもよし、スーパーみなとやで売ってる三島シトロンで割ってもよしという絶品です。

というわけで、他にも紹介したい面白い弁当やお惣菜が沢山あるので、追って紹介していきたいと思います。

青森県南津軽郡藤崎町の宝来軒でミソラーメンと餃子を頂きました

2016年6月12日(日)は、青森県南津軽郡藤崎町の宝来軒でミソラーメンと餃子を頂きました。場所としては北常盤といった方が通りがいいと思います。浪岡のほうから車を走らせると、こんな看板が見えてくるので目立つと思います。

1

店はこんな感じで、いかにも札幌ラーメン的で昭和的な懐かしい雰囲気が漂っています。

2

この店の営業時間は午前11時から午後7時30分までで、終わる時間が早いので要注意です。この日も遅く来た客が何人も追い返されていました。なお、定休日は毎週月曜日です。

3

メニューです。一通りの種類があるのですが、やはりお勧めはミソラーメンと餃子です。

4

また、チャーハンと餃子は持ち帰れるそうです。

5

今回は、やはりミソラーメンと餃子を頼みました。先ずはネギミソラーメンですが、宝来軒のはスープの色が少し黒いのが特徴です。

6

ミソラーメンです。超美味しいです。

7

餃子はこんな感じで、最初からタレがかかっています。具が詰まっていてとてもおいしいです。

8

別の日にはチャーハンを頼んでみましたが、しっとりしていて出汁が効いており、深い味がして美味しかったです。

この店は代替わりして現在は息子さんが料理を作っているみたいですが、普通に美味しいので、ミソラーメンが食べたかったら超お勧めな店です。