青森市古川のホテル・セレクトイン青森での滞在経験が熱い!

青森市古川のホテル・セレクトイン青森での滞在経験が面白いので記録しておこうと思います。場所は青森駅からアウガとかの横を通って、有名なラーメン屋の味の大西の前を通って国道を渡ると下記の建物が見えてきます。

1階がデイリーヤマザキ青森古川店というのが分かりやす目印です。

ホテルの入口は、国道から山の方に向かった道沿いにあります。1階はコンビニ、2,3階はビアレストランなので、ホテルのフロントは4階になります。

となりのビアレストランの情報です。なんだか美味しそうです。

サッポロビアレストラン910という名前のようです。

サッポロビールと共に美味しいものが食べれそうです。

このセレクトインというホテルは、セレクトホテルズというチェーン店の1つのようです。セレクトイン青森は夕方から夜にかけて無料のカレーが食べれるのがウリです。

フロントでチェックインの手続きを済ませました。

フロントで貰ったものです。工藤パンのイギリストースト、JAアオレンのりんごジュース、朝食券、夕食券(カレー)、更には、青森県お出かけクーポンという破格のサービスです。

朝食に加え、夜の特製カレー無料サービスというのも嬉しいです。

宿泊案内です。アメニティの歯ブラシが超高級な感じでした。普通にWi-Fiも使えるし、チェックアウトの10:00まで快適に過ごせそうです。

せっかくなので、無料のカレーも食べてみました。部屋にもちかえることも出来たのですが、フロント横の朝食会場で食べてみました。深い味がして超美味しかったです。

カレーを食べながらの窓からの夜景もきれいでした。

朝食です。個人的には朝のおかずは少なくて良くて、逆にご飯をたくさん食べたいので、この配分は超ツボって大好きな感じです。朝コーヒーもちゃんと頂けました。

ここでは、記していませんが、このホテルの売りの一つは、1階のデイリーヤマザキ青森古川店というコンビニです。先程のビアレストラン910特製の弁当や総菜も売っているので、次は是非ともちゃれんじしたいです。

青森市橋本のホテル2135での滞在体験が素晴らしい

2021年11月21日(日)はホテル2135に宿泊したのですが、ここでの滞在体験が素晴らしいので記録しておこうと思います。場所は青森市橋本の国道7号線沿いで、目の前は青森銀行やみちのく銀行の本店?、近くに青森県庁や青森市庁舎がある官庁街の真ん中というロケーションです。

青森駅前に行くには徒歩20分弱と少々遠いのですが、駐車料金が無料なので、車を活用すれば快適に滞在できると思います。

こちらは別館の入り口です。

私達は、別館の211号室に滞在したのですが、部屋が超快適でゆっくりと滞在できました。

ベットも広くて快適でした。

ホテルの冷蔵庫にりんごジュースと水が入っており、これが無料サービスとのこと。超嬉しいです。

更に、4000円もの「青森おでかけクーポン」も貰えて超ラッキーです。

この部屋は浴室とトイレが別室になっていて、夜はお湯を張った風呂がとても気持ち良かったです。

朝ごはん会場でCreative Dining Shin と書かれています。入り口が豪華すぎて入るのに躊躇したのですが、覗き込んだらマスターが手招きしてくれました。

店の中はオシャレなバーと言った感じで、夜に来たら楽しそうです。

こちらが出てきた朝食で、豪華すぎてびっくりです。朝に食べる量としては、過剰すぎるもてなしです。特にけんちん汁とレンコンやイカの天ぷらが超美味しかったです。

食後のコーヒーも美味しく頂けました。

という訳で、ホテル2135での貴重な体験が出来ました。次は別館1階のCreative Dining Shin での夕食にもチャレンジしてみようと思います。

青森駅前のアウガ地下の市場内にある丸青食堂の弁当が安くて超うまい!

青森駅前のアウガ地下の市場内にある丸青食堂の弁当が安くて超旨いので記録しておこうと思います。この日は青森駅に夕方に到着したのですが、その日の夕食をこの丸青食堂で調達したのでした。下記はその時に買った弁当で、通常500円が100円引きの400円で購入できました。因みに、運営していた人が若いお兄さんで若返っていてびっくりです。昔は丸青食堂はおばさんが運営していたので。

上記の弁当はメチャクチャ美味しかったです。特にエビの天ぷら、モツの煮物、煮玉子、シナチクが、お酒が進む感じで絶品でした。次はお礼も兼ねて、店舗で定食などを食べてみようと思います。

デイリーヤマザキ青森古川店の弁当・惣菜やパンの品揃えが熱い!

青森市古川の国道4号線沿いにあるデイリーヤマザキ青森古川店の弁当・惣菜やパンの品揃えが熱いので記録しとこうと思います。デイリーヤマザキというコンビニは、もともと個性的な品揃えで有名なのですが、最近は駅前の新町店が閉店しまったりと、残念ながらコンビニとしては負け組の部類に属していて、全国展開に苦戦していると思われます。その中でも、この青森古川店はデイリーヤマザキの生き残りとして、異彩を放っていたので紹介しておきます。

場所は青森駅から少し離れていて、古川の国道沿いにあります。近くに味の大西という有名なラーメン店もあり、歩いても苦痛な距離ではないです。4階より上にはセレクトイン青森というビジネスホテルが入っています。

営業時間は現在では、朝の6:00から夜の22:30までとなっております。

道路からの店内の様子ですが、惣菜パンなどがたくさん並んでいるところが確認できます。

その他、カステラのはじっこやパンの耳、古川たっぷりクリームパンや古川いちごジャムぱんというのが、看板商品のようです。

更に、良くわからないお菓子も沢山置かれていますが、ヤマザキや工藤パンの製品が多いです。

という訳で、店内の独特な雰囲気に押されて、この日は訳の分からない物を大量に買ってしまいました。

カステラのはじっこです。工藤パンが製造したもので、どのような経緯で作られたのかが気になります。

これも工藤パンの製造による津軽名物のいもすけどんです。連れによると、こちらは手土産や仏壇、墓前のお供え物として昔から使われてたそうです。味は北海道名物のわかさいもをインスパイアしていると思われます。

その他にも買った訳のわからないものです。何でこんな物を買ったのかも理由が思い出せません。

こちらは、デイリーヤマザキ青森古川店の看板商品である古川アンパン(ホイップ入り)です。

製造者は工藤パン・デイリーヤマザキ青森古川店となっており、オリジナル商品と思われます。名前の通り、ホイップクリームが入っており、面白い味でした。

その名もズバリ、ソーセージパンです。税抜100円という激安商品。ワインにも合うそうです。味は普通に美味しかったです。

大鶏排(ダージーパイ)という台湾唐揚げです。最近、他のコンビニでも流行っているもので、冷凍食品を揚げたものと思われます。スパイスが効いていて美味しかったです。

炭火焼き鳥串(カワ)です。普通に美味しかったです。

JDからあげ(回からあげ)3個入です。普通に超美味しかったです。

と言う訳で、他にもオススメの惣菜や弁当が沢山あるので、順次紹介していきたいと思います。

電気関係学会東北支部連合大会という学会が開催されました

2021年8月26日(木)、8月26日(金)の2日間にわたり2021年電気関係学会東北支部連合大会という学会が開催されました。この学会は毎年の夏に東北地区の大学の持ち回りで開催されるもので、2021年度は八戸工業大学を開催校として事前に準備が進められましたが、コロナウィルスの影響で、オンラインでの開催となりました。この様な形での開催となりましたが、八戸工業大学は主幹校として、幾つかの行事の運営に関わりました。

1つ目は、一般講演の運営です。当日は、主に午前、午後ともに8つのセッションに分かれ、各専門分野での研究成果の発表がありました。そして、発表はZoomのオンラインで行われたのですが、八戸工大では、そのうち一部のセッションのZoomソフトウェアの制御や時間管理、参加人数の把握、座長、発表、聴講者の管理等を行いました。一般講演担当の佐々木先生、アルバイトや財務管理担当の花田先生、3名のアルバイト学生さんの活躍のおかげで、無事に2日間の業務をやりきることができました。特に花田先生には、本部からの情報の集約と展開、アルバイト学生の選定と統率や確認表の集計、アルバイト学生の財務管理、諸書類の作成と本部への提出等の裏方としての膨大な仕事を粛々と行っていただきました。人のやった仕事を評価するには、派手に目立って見える仕事の裏では、実は別の人がキーパーソンとして活躍していることを理解する思慮の深さと本質的な洞察力が必要とされます。下記はその時の様子です。

2つ目の仕事は、オープニング・セッションでの現地実行委員長挨拶のサポートです。この大会はもともと開催校が八戸工業大学だったことから、26日(木)9:00からのオープニング・セッションでは、本学の坂本学長が学長室から開会の挨拶を行いました。その際、電気電子工学科の佐々木先生と技術職員の上野さんが、サポートをしました。

3つ目の仕事は、特別講演会の運営です。こちらは、Zoom Webinarというオンライン配信システムを用い、一般市民も含めて公開する形で行われました。この運営も電気電子工学科の佐々木先生と技術職員の上野さんが中心となって行ってくれました。演者は是川縄文館の小久保さまで、世界遺産に認定された縄文遺跡のご講演を頂きました。司会は柴田先生が行いましたが、活発な質疑応答も行われ、とても有意義でした。以下はその時の写真です。

以上、表題の仕事について、皆さまのご協力のお陰で無事に実施終了できたことをお礼申し上げます。特に、電子情報通信学会東北支部の幹事団の皆さまには、大変お世話になりました。

五所川原市のショッピングセンターエルムの街内にあるゴディバでショコリキサーを食べました

2020年6月20日(日)は、五所川原市のショッピングセンターエルムの街内にあるゴディバでショコリキサーを買って食べました。

ゴディバは、世界的にも有名なチョコレートの販売メーカであり、そのような有名なメーカが五所川原に出店しているのが面白いです。

今回は、店内というかショッピングセンター内での飲食を楽しみたかったので、下記のショコリキサーというのを買ってみました。最初はチョコリキサーだと思ったのですが、よく見るとショコリキサーのようです。

という訳で、今回は定番のショコリキサーのレギュラーを頼んでみました。

さすがに大メーカのゴディバが手掛けるスイーツなだけあって、チョコチップも主張していて超美味しかったです。

今度は普通のチョコレートを買ってみようと思います。

五所川原市のカブセンター五所川原店内のグリルタクミでステーキセットとかを食べました

2021年6月19日(土)は、五所川原市のカブセンター五所川原店内のグリルタクミでステーキセットやタピオカミルクティとかを食べました。場所はエルムの街の辺りの五所川原市のカブセンター五所川原店内なのでわかりやすいと思います。営業時間は、カブセンターと同じで、ランチタイム 11:00~14:00、ディナータイム 17:00~20:00で日曜営業であるが、定休日はカブセンター五所川原店に準ずるとのことです。

グリルタクミはカブセンターのフードコート内にあるので、比較的に自由に注文がしやすいです。あと、食べたいものを自販機で買う形で、またクレカ等での電子決済にも対応しているので最先端な感じです。

グリルタクミのメインメニューです。イチ推しはステーキ関係で、またスナックやアイスクリームタピオカミルクティなど色々とあります。

グリルタクミのメインメニューです。牛ステーキやハンバーグが人気のようです。その他、カレーもあるようです。

スナックメニューです。フライドポテトやホットドッグ、焼きそば、たこ焼きなど色々とあって面白いです。

今回は定番の低温調理牛ステーキのAセットとタピオカミルクティを注文してみました。

という訳で多分、カブセンター内で買った弁当やカップラーメンとかを自由に温めて食べられるフードコートでしばし待つことにします。

タピオカミルクティです。普通に美味しかったです。

低温調理牛ステーキのAセットです。セットとしてのボリューム感もあり、超おすすめなセットです。

肉が柔らかくてボリュームもあり、超美味しかったです。

という訳で、五所川原のエルムの街辺りで良さげなランチに使える店を見つけたので、今後はスナックメニューとかにもチャレンジしてみようと思います。

五所川原市のあげたいの店で揚げたい焼きを買って食べました

2020年6月19日(土)は、五所川原市のあげたいの店で揚げたい焼きを買って食べました。

場所は立ちねぶたの館の近くなので、わかりやすいと思います。

外から焼いている作業が見れて面白かったです。

普通の鯛焼きは100円で安かったのですが、今回は130円の揚げ鯛焼きを買ってみました。外はカリカリとしていて、中の餡子とマッチしていて超美味しかったです。これはおすすめ。

次は鯛焼きにもチャレンジしてみようと思います。

ホテル・パークイン五所川原エルムシティの朝食が超絶に美味しい

五所川原市のホテル・パークイン五所川原エルムシティの朝食が超絶に美味しいので、記録しておこうと思います。場所はエルムの前という好立地です。

今回は奮発して、超豪華な部屋を選びました。

前日の夜はエルムで安売りしていた惣菜や寿司を買って食べたのですが、次の日は、1階のレストランである赤いりんごで朝食を頂きました。

ここの朝食はビュッフェ形式なのですが、とにかく種類が豊富で高価な惣菜が色々と並べられています。

注目はポークステーキです。朝食で豚ステーキが出たのは初めてでびっくりです。味も超美味しかったです。

ご飯とお味噌汁は給餌のオバチャンが入れてくれました。いい人っぽかったです。

ソーセージも普通に美味しかったです。

更にすごいのは、味噌貝焼きも用意されており、津軽ならではの品揃えです。

また、津軽漬けもおいてあって面白かったです。

デザートのリンゴとヨーグルトも美味しかったです。

というわけで、五所川原市内に良い滞在場所が出来たので、是非リピートしようと思います。

三沢市のニューサカモトという菓子店の南部せさみというお菓子が超うまい

三沢市のニューサカモトという菓子店の南部せさみというお菓子が超うまいので記録しておきます。このお菓子は、道のえき三沢で発見して買ったのですが、クッキー生地というかパイ生地の上に大量の白ゴマ、または黒ゴマがまぶされたものです。

とてもシンプルなお菓子なのですが、クッキー(パイ?)生地とゴマの相性がとても良くて超美味しいです。

次は実店舗にも行って、様々なお菓子を買って試してみようと思います。

ICTで八戸の魅力を発信!!(最近はほぼグルメブログ)