「惣菜」カテゴリーアーカイブ

山形県米沢市のキムラ中央店とキムラ駅前店で弁当や惣菜とかを買いました

2023年10月18日(水)から20日(金)まで、学会発表と学会の運営で山形県米沢市に滞在しました。その際、地元密着型のスーパーマーケットであるキムラ中央店とキムラ駅前店で弁当や惣菜とかを買いました。

まず、10月18日(水)は学会の開催日の前日に米沢入りしてホテルで発表用のパワポとかを仕上げました。その際、ホテルの近所のキムラ中央店で夕食を調達しました。

店内は至って普通な小規模スーパーマーケットという感じです。

下記が実際に買った弁当、惣菜、お刺し身です。

筍の土佐煮や鯖の味噌には懐かしい味がして美味しかったです。

自家製のかつおのたたきです。キムラ自慢の逸品ということで、確かに全く臭みがなく、藻塩をかけただけでメチャクチャ美味しく頂けました。この食べ方は知らなかったので、新しい発見です。

今後は、超美味しい刺身は藻塩だけで頂こうと思います。

自慢のとんかつを使ったカツ丼です。確かにとんかつが柔らかくてジューシーでメッチャ美味しかったです。

10月19日(木)は学会の懇親会に出席後、20時すぎにキムラ中央店に突撃したのですが、弁当、惣菜、刺身が全て売り切れていました。仕方がないので、自宅へのお土産として、山形県南陽産のミルキークイーンという米を買いました。

税込み1350円と、なかなか立派な値段でしたが、多分、美味しい米だと思うので、食べるのが楽しみです。

更に、10月20日(金)は、学会終了後にキムラ駅前店に突撃しました。

キムラ駅前店では、牛カルビ丼を買いました。

米沢の名物駅弁である、牛肉どまん中にインスパイアされた牛丼だと思われ、牛肉はアメリカ産ですが本家よりも格安で、なんちゃって牛肉どまん中(笑)を堪能できました。

最近は米沢市も、マックスバリュー、ヨークベニマル、ヤマザワなど大手が進出してきて、地元系のスーパーマーケットは苦戦を強いられていると思いますが、何とか頑張って生き残ってほしいなと思います。

ほっかほっか亭・平内町店にて、ほたて弁当を頂きました。

2023年9月13日(水)は、青森県平内町の、ほっかほっか亭・平内町店にて、ほたて弁当を頂きました。この日は青森市内での展示会への出展後の帰りに、この店に寄りました。営業時間は9:00 – 21:00です。

このホカ弁屋は平内町の国道4号線沿いにあり、ほたて弁当を売りにしています。

また、この日は、かきたま丼というのも推していました。

下記が購入をした、ほたて弁当のメニューです。

その他のメニューは下記のとおりです。

ほっかほっか亭・平内町店は、店内に下記のイートイン・スペースがあるのが面白いです。

下記が、今回に購入した790円のほたて弁当です。

ホタテの照り焼きが新鮮かつ絶妙な味付けで、メチャクチャ美味しかったです。更に、焼き鮭も、とても美味しく感じました。

という訳で、ほっかほっか亭・平内町店の、ほたて弁当はメッチャ美味しかったので、また近くに寄った時には買って食べようと思います。

 

八工大に来ていた小麦の奴隷でザクザクカレーパンを買いました

2023年7月10日(月)は、八工大に来ていた小麦の奴隷で、ザクザクカレーパンを買いました。小麦の奴隷はホリエモンこと堀江貴文さんがプロデュースするパン屋で、2023年になっても、次々と、全国に多店舗展開しているようです。八戸市六日町にも、2021年9月28日(火)に小麦の奴隷_青森八戸店がオープンして頑張っているようです。その有名なパン店が八工大に出店していたので、せっかくなので買って食べてみました。

ワンボックスカーに沢山のパンを積んで、折りたたみ机の上に店開きするというシンプルな出店法で、高効率な商売が出来そうです。

学生向けだからか、100円とか激安のパンも沢山並んでいました。

今回は、イチオシ商材と思われる、ザクザクカレーパンを買ってみました。

電子レンジで20秒ほど温めると美味しいとのことだったので、その通りチンして食べましたが、特に衣がサクサクして超美味しかったです。

因みに、パンを売っていたシュッとしたイケメンのお兄さんに「ホリエモンに会ったことあるの?」と聞いてみたところ、Zoomでのミーティング(営業報告?)で2ヶ月に1度くらいは話をしているとのことでした。ホリエモンさんから直々にビジネスのご指導を頂けるとは少し羨ましいなと思いました。次に小麦の奴隷さんが来ていたら、他のパンにもチャレンジしてみようと思います。

八戸駅前のユートリー内の宿泊施設(ホテル)滞在体験が楽しい

2022年11月27日(日)からの八戸駅前のユートリー内の宿泊施設(ホテル)での滞在体験が楽しかったのでまとめておきます。この施設は、新幹線が停まるJR八戸駅に隣接しており、1階は種々のお土産を販売しており、色々と便利です。

その他、1階には大きなイベントスペース、2- 5階はレストランや会議室、研修室などが配置されており、色々な活用が出来て便利です。その中でも今回は、6階,7階に配置されている宿泊施設に滞在してみました。

 

今回に宿泊した部屋は6階でした。なので、窓から下記のような良いし景色が楽しめます。

更に、夜には、下記の夜景も楽しめます。

また、今回は、青森県おでかけクーポンの適用プランだったので、下記のクーポンも頂きました(実際は6000円分頂いたのですが、撮影時に既に2000円分は使ってしまいました)。

更に、チェックイン時に下記のドトールの朝食券も頂きました。

その為、今回はチェックイン後に八食センターに行き、伊勢鮨にて下記の寿司と鶏の唐揚げを買ってホテルの部屋に持ち込み、飲食を楽しみました。

更に、翌日の朝には、ドトールコーヒーのモーニングを頂き、チェックアウト後には1階のお土産売り場や八食センターでショッピングを楽しむことが出来ました。このように、今回はユートリーでの滞在を最大限に楽しむことが出来ました。

三沢市のレストラン&バー Tubesにてハワイアンなハンバーガーを頂きました

2022年5月2日(月)は、三沢市のレストラン&バーであるTubes(チューブズ)にてハワイアンなハンバーガーを頂きました。この店は、スカイプラザ三沢というか、米空軍三沢基地のゲートの向かいにあり、日本人だけでなく、米軍基地関係者も利用していると思われるアメリカンなレストランのようです。

今回は小腹を満たすため、気軽にテイクアウトできる店を探していたのですが、下記の看板に誘われて、この店に突撃してみました。

こちらが店内の様子で、コンセプトはハワイアンな雰囲気と食事が楽しめる店だそうです。

シュッとしたお姉さんが気持ちよく出迎えてくれて、ハンバーガを1つだけオーダーしました。5,6分かかるとのことだったので、テーブルに座って待つことにします。

ついでに、テーブルに置いてあったメニューでも眺めていました。2022年5月の米国は、コロナショック後のFRBによる金融緩和政策の影響で未曾有の物価高(物価上昇)に悩まされており、その対策として金融引き締めとQT(FRBが大量に保持していた米国債券の償還によるバランスシートの縮小)が行われようとされ色々と大変なのですが、日本は相変わらず日銀の量的緩和政策の継続にとどまらず、国債の指値オペで円安が加速しているという微妙な状態です。にもかかわらず、インフレターゲットには届かず、相変わらずデフレ基調が続いているので、物価の安い日本でアメリカというかハワイの料理を堪能できるのはありがたい限りです。

ハンバーガの他にも、キャサディアという謎料理もメニューに取り揃えてありました。次回に試してみたいところです。

あと、肉料理とハワイ料理として有名なロコモコも注文できるようです。

更に、メッチャ、アメリカンなビジュアルのスイーツも取り揃えています。

ドリンクメニューです。夜に来たら楽しそうです。

というわけで、オーダーしたハンバーガーはホテルに戻って食べてみましたが、パンが美味しくハンバーグが肉肉しくて、中に入っているトマトやレタスがマッチしていて超美味しかったです。

偶然に見つけた店で新しい世界を見つけられた感じで、とても楽しかったです。次は夕方にでも突撃して、イートインにチャレンジしようと思います。

八戸市長横町の庄や八戸長横町で贅沢な食事をしました

2022年4月21日(木)は、八戸市長横町の庄や八戸長横町で贅沢な食事をしました。

今はテイクアウトも推しているようです。

店内はカウンターも有り、お一人様でも安心です。

今はコロナ禍ということもあり、アルコール類が激安で提供されており、涙ぐましい企業努力です。

また、激安のおつまみも揃っています。

グランドメニューです。板前がいる町の酒場というキャッチフレーズのようです。

刺し身関係です。

煮込みはオススメの一品です。

アルコール類も沢山揃っています。

お通しの煮物です。超美味しかったです。

激安のアサヒビールです。

刺し身の盛り合わせです。超美味しかったです。

ピザはあつあつでした。

イカは超高価なので贅沢な一品です。

ハムカツです。超美味です。

最後に一杯、モスコミュールを飲みました。

稲庭うどんです。さっぱりとした締めになりました。

最後にデザートのサービスがあり嬉しかったです。

最近の居酒屋はクオリティが高いなと感心しました。また、しばらくしたら、再来店してみようと思います。

青森市橋本のホテル2135での滞在体験が素晴らしい

2021年11月21日(日)はホテル2135に宿泊したのですが、ここでの滞在体験が素晴らしいので記録しておこうと思います。場所は青森市橋本の国道7号線沿いで、目の前は青森銀行やみちのく銀行の本店?、近くに青森県庁や青森市庁舎がある官庁街の真ん中というロケーションです。

青森駅前に行くには徒歩20分弱と少々遠いのですが、駐車料金が無料なので、車を活用すれば快適に滞在できると思います。

こちらは別館の入り口です。

私達は、別館の211号室に滞在したのですが、部屋が超快適でゆっくりと滞在できました。

ベットも広くて快適でした。

ホテルの冷蔵庫にりんごジュースと水が入っており、これが無料サービスとのこと。超嬉しいです。

更に、4000円もの「青森おでかけクーポン」も貰えて超ラッキーです。

この部屋は浴室とトイレが別室になっていて、夜はお湯を張った風呂がとても気持ち良かったです。

朝ごはん会場でCreative Dining Shin と書かれています。入り口が豪華すぎて入るのに躊躇したのですが、覗き込んだらマスターが手招きしてくれました。

店の中はオシャレなバーと言った感じで、夜に来たら楽しそうです。

こちらが出てきた朝食で、豪華すぎてびっくりです。朝に食べる量としては、過剰すぎるもてなしです。特にけんちん汁とレンコンやイカの天ぷらが超美味しかったです。

食後のコーヒーも美味しく頂けました。

という訳で、ホテル2135での貴重な体験が出来ました。次は別館1階のCreative Dining Shin での夕食にもチャレンジしてみようと思います。

青森駅前のアウガ地下の市場内にある丸青食堂の弁当が安くて超うまい!

青森駅前のアウガ地下の市場内にある丸青食堂の弁当が安くて超旨いので記録しておこうと思います。この日は青森駅に夕方に到着したのですが、その日の夕食をこの丸青食堂で調達したのでした。下記はその時に買った弁当で、通常500円が100円引きの400円で購入できました。因みに、運営していた人が若いお兄さんで若返っていてびっくりです。昔は丸青食堂はおばさんが運営していたので。

上記の弁当はメチャクチャ美味しかったです。特にエビの天ぷら、モツの煮物、煮玉子、シナチクが、お酒が進む感じで絶品でした。次はお礼も兼ねて、店舗で定食などを食べてみようと思います。

デイリーヤマザキ青森古川店の弁当・惣菜やパンの品揃えが熱い!

青森市古川の国道4号線沿いにあるデイリーヤマザキ青森古川店の弁当・惣菜やパンの品揃えが熱いので記録しとこうと思います。デイリーヤマザキというコンビニは、もともと個性的な品揃えで有名なのですが、最近は駅前の新町店が閉店しまったりと、残念ながらコンビニとしては負け組の部類に属していて、全国展開に苦戦していると思われます。その中でも、この青森古川店はデイリーヤマザキの生き残りとして、異彩を放っていたので紹介しておきます。

場所は青森駅から少し離れていて、古川の国道沿いにあります。近くに味の大西という有名なラーメン店もあり、歩いても苦痛な距離ではないです。4階より上にはセレクトイン青森というビジネスホテルが入っています。

営業時間は現在では、朝の6:00から夜の22:30までとなっております。

道路からの店内の様子ですが、惣菜パンなどがたくさん並んでいるところが確認できます。

その他、カステラのはじっこやパンの耳、古川たっぷりクリームパンや古川いちごジャムぱんというのが、看板商品のようです。

更に、良くわからないお菓子も沢山置かれていますが、ヤマザキや工藤パンの製品が多いです。

という訳で、店内の独特な雰囲気に押されて、この日は訳の分からない物を大量に買ってしまいました。

カステラのはじっこです。工藤パンが製造したもので、どのような経緯で作られたのかが気になります。

これも工藤パンの製造による津軽名物のいもすけどんです。連れによると、こちらは手土産や仏壇、墓前のお供え物として昔から使われてたそうです。味は北海道名物のわかさいもをインスパイアしていると思われます。

その他にも買った訳のわからないものです。何でこんな物を買ったのかも理由が思い出せません。

こちらは、デイリーヤマザキ青森古川店の看板商品である古川アンパン(ホイップ入り)です。

製造者は工藤パン・デイリーヤマザキ青森古川店となっており、オリジナル商品と思われます。名前の通り、ホイップクリームが入っており、面白い味でした。

その名もズバリ、ソーセージパンです。税抜100円という激安商品。ワインにも合うそうです。味は普通に美味しかったです。

大鶏排(ダージーパイ)という台湾唐揚げです。最近、他のコンビニでも流行っているもので、冷凍食品を揚げたものと思われます。スパイスが効いていて美味しかったです。

炭火焼き鳥串(カワ)です。普通に美味しかったです。

JDからあげ(回からあげ)3個入です。普通に超美味しかったです。

と言う訳で、他にもオススメの惣菜や弁当が沢山あるので、順次紹介していきたいと思います。

プリンセスホテル三沢の無料朝食の種類が豊富で超美味しい

5月2日(日)は三沢市幸町のプリンセスホテル三沢に宿泊しました。ここ三沢プリンセスホテルの無料朝食の種類が豊富で超美味しいので記録しておこうと思います。

食事会場は玄関やフロントの近くで、提供時間は朝の5:30から9:00までと早朝からなのが嬉しいです。

下記は洋食の例で、パンが高そうで美味しかったです。あと、コーヒーがメッチャ美味しく感じました。それと、バンバンジーサラダが絶品といっていいくらい美味しかったです。

下記は和食の例で、とにかく何を食べても美味しくて、ご飯を三杯も食べてしまいました。

味噌汁が薄味で超美味しいのも印象的でした。

焼きそばは、少量食べると、異常に美味しく感じます。

ほうれん草のおひたしも、優しく感じました。

三沢の街自体もアメリカ空軍のお膝元とあって特徴的な施設が多く、色々と楽しめるので、八戸から近場で宿泊できるリーズナブルで快適なホテルを見つけてしまいました。これから定期的にプリンセスホテル三沢に宿泊して、三沢の街での買い物や食事を楽しもうと思います。

また、2022年5月3日にも、このホテルに滞在しましたが、その際の朝食も下記の通り超豪華でした。

特に、生姜が沢山入ったナスの煮浸しや、シチューが美味しかったです。

更に翌年の2023年の5月5日には、別館のアネックスプリンセスホテル三沢に宿泊しましたが、ここの朝食も下記の通り豪華で超おいしかったです。特に手羽物の煮込みがおいしく頂けました。