「刺身」カテゴリーアーカイブ

八戸駅前のユートリー内の宿泊施設(ホテル)滞在体験が楽しい

2022年11月27日(日)からの八戸駅前のユートリー内の宿泊施設(ホテル)での滞在体験が楽しかったのでまとめておきます。この施設は、新幹線が停まるJR八戸駅に隣接しており、1階は種々のお土産を販売しており、色々と便利です。

その他、1階には大きなイベントスペース、2- 5階はレストランや会議室、研修室などが配置されており、色々な活用が出来て便利です。その中でも今回は、6階,7階に配置されている宿泊施設に滞在してみました。

 

今回に宿泊した部屋は6階でした。なので、窓から下記のような良いし景色が楽しめます。

更に、夜には、下記の夜景も楽しめます。

また、今回は、青森県おでかけクーポンの適用プランだったので、下記のクーポンも頂きました(実際は6000円分頂いたのですが、撮影時に既に2000円分は使ってしまいました)。

更に、チェックイン時に下記のドトールの朝食券も頂きました。

その為、今回はチェックイン後に八食センターに行き、伊勢鮨にて下記の寿司と鶏の唐揚げを買ってホテルの部屋に持ち込み、飲食を楽しみました。

更に、翌日の朝には、ドトールコーヒーのモーニングを頂き、チェックアウト後には1階のお土産売り場や八食センターでショッピングを楽しむことが出来ました。このように、今回はユートリーでの滞在を最大限に楽しむことが出来ました。

青森市のみちのく料理 西むら アスパム店で豪華なランチを頂きました

2022年11月19日(土)は、青森市のみちのく料理 西むら アスパム店で豪華なランチを頂きました。場所は、青森駅から青森県観光物産館アスパムに行き、館内の10階に位置しています。

営業時間は

[4月~10月]昼の部 11:00~15:30(L.o15:00)/夜の部 17:00~21:00(L.o20:30)
[11月~3月]昼の部 11:00~15:30(L.o15:00)/夜の部 16:30~20:00(L.o19:30)

とのことですが、事前に確認したほうが良いと思います。店の前やアスパムの玄関に下記のお得なランチメニューが掲載されており、入りやすさを強調しています。

それでは早速、店内に入っていきます。

奥に座敷がありますが、その座敷は、大人数や家族での会食で使った記憶があります。

先程のランチメニューです。

定番の津軽の郷土料理定食です。

海鮮丼や関係です。

郷土料理と単品メニューです。特にホタテのフライが美味しそうです。

単品メニューです。個人的には鶏唐揚が気になります。

新商品です。十和田バラ焼きが食べれるのは面白いです。

お刺身メニューです。

冬季限定のメニューです。

ドリンクメニューです。個人的には、この中からだったら、陸奥八仙を選びます。じょっぱりや陸奥男山が選べると良いのですが。

お寿司とオードブルの案内です。

10階にあるので、このようなキレイな景色も楽しめます。

今回はランチメニューの縄文うどんの豚汁うどんとミニねぎとろ丼のセットを頼みました。

豚汁うどんに入っていた縄文うどんは、もちもちしていて面白い食感でした。

ミニねぎとろ丼も普通に美味しかったです。

この日はみちのく料理西むらで、豪華なランチが堪能できました。次回は連れと一緒に本格的な海鮮メニューにもチャレンジしようと思います。

八戸市長横町の庄や八戸長横町で贅沢な食事をしました

2022年4月21日(木)は、八戸市長横町の庄や八戸長横町で贅沢な食事をしました。

今はテイクアウトも推しているようです。

店内はカウンターも有り、お一人様でも安心です。

今はコロナ禍ということもあり、アルコール類が激安で提供されており、涙ぐましい企業努力です。

また、激安のおつまみも揃っています。

グランドメニューです。板前がいる町の酒場というキャッチフレーズのようです。

刺し身関係です。

煮込みはオススメの一品です。

アルコール類も沢山揃っています。

お通しの煮物です。超美味しかったです。

激安のアサヒビールです。

刺し身の盛り合わせです。超美味しかったです。

ピザはあつあつでした。

イカは超高価なので贅沢な一品です。

ハムカツです。超美味です。

最後に一杯、モスコミュールを飲みました。

稲庭うどんです。さっぱりとした締めになりました。

最後にデザートのサービスがあり嬉しかったです。

最近の居酒屋はクオリティが高いなと感心しました。また、しばらくしたら、再来店してみようと思います。

八戸市類家の平禄寿司八戸店にて回転寿司を頂きました

2021年2月7日(日)は、八戸市類家の平禄寿司八戸店にて美味しくてリーズナブルな回転寿司を頂きました。場所は八戸市類家の45号線の交差点からマクドナルドやユニバース、伊吉書院、ミスタードーナッツ、コープなどのある交差点に、この店があります。駐車場がミスドやマクドと共用なので、たまに車が停めづらい時があります。

なお、平禄寿司は仙台が本拠地なので、宮城県内というか、仙台市内に店舗が沢山存在します。店内に入って、今回は1番テーブルに座ってみました。板さんの目の前なので、注文がしやすいメリットがあります。

グランドメニューです。一皿100円の激安のネタから、390円の高級ネタまで色々とあります。

あと、東北の旬の食材を使った寿司も推しています。個人的には仙台名物の牛たん焼きも気になります。

更に季節もののネタも王府で、揚げ物とかのサイドメニューも楽しそうです。

小うどんやサイドメニュー、スイーツのデザートとかも豊富です。

ソフトドリンクも色々と飲めて、個人的には仙台というか宮城県の日本酒である一ノ蔵と浦霞が気になります。

更に、本日のオススメも美味しそうです。

また、店内にもウリの商材が貼られています。

自宅で楽しみたい人にはお持ち帰りテイクアウトのメニューも充実しています。

私達は手始めに、寒ブリ、炙り赤魚、海鮮ぶっかけ軍艦、生サーモン、きゅうり巻きを頼んでみました。

平禄寿司の湯呑に入ったお茶を飲んで待つとします。

その間、レーンから回ってきたイカの寿司を食べてみました。イカが甘くて超美味しかったです。

寒ブリと生サーモンです。どちらも超美味しかったです。

きゅうり巻(かっぱ巻き)です。私は寿司屋に来ると必ず頼みます。醤油につけて食べたら超美味しかったです。

炙り赤魚です。赤魚を刺し身で食べたのは初めてですが、炙ってあるからか香ばしくて超美味しかったです。

海鮮ぶっかけ軍艦です。超インスタばえる感じの寿司です。

具を乗せてみましたが、確かに軍艦の上からこぼれるほどの量です。うずらの卵がイケナイ味がして超美味しかったです。

アラ汁です。白身が沢山入っていて超美味しかったです。

白身魚のフライです。揚げたてで魚も新鮮な感じです。超美味しかったです。これは激しくオススメ。

2種類のマグロでびん長とバチだと思います。美味しかったです。

ネギトロとひきわり納豆の軍艦です。絶妙な組み合わせで超美味しかったです。これは激しくおすすめ。

最後に締めで、イカの寿司をまた頂きましたが超美味しかったです。

デザートにアイスクリームも頂きましたが、カラメルがかかっていて美味しかったです。

今回は2人で12皿頂きました。

歳をとってくると量が食べれなくなるので、回転寿司は量を調整できて助かります。但し、今回は高級な寿司を全然食べなかったので、次回は高級な皿の寿司にもチャレンジしたいです。

あと、次は仙台名物の牛タンや、徒歩で来店して浦霞とかの宮城のお酒も堪能したいと思います。

下記は、別の日に買った仙台平禄寿司・八戸店による持ち帰りのT牡丹です。1パック1000円強と超安いのですが、超美味しかったです。次回は持ち帰りテイクアウトでも、もっと高価な寿司折りに挑戦してみようと思います。

青森駅前のおさない食堂にて豪華なランチを頂きました

2020年11月14日(土)は、青森市の青森駅前にある、おさない食堂にて豪華なランチを頂きました。場所は青森駅から新町通りをホテル青森の方に進んでいくと、左手に黄色い看板が目立つ食堂があります。営業時間は、11時00分~14時00分, 16時00分~20時00分で、昼の終了時間が早いのが要注意です。

入り口には、定食のメニューが貼られており、安価で飲食できることをアピールしています。

その他、メニューの展示も沢山されており、食べるもののイメージがしやすい感じです。

ホタテラーメンというのも面白いと思います。

店内に入ってきました。4人席のテーブル席が基本ですが、2人席もあるので、気にしなければ、お一人様でも入りやすいと思います。

メニューです。外に貼られていた定食や丼、ラーメンがおすすめというかサービスメニューのようです。

その他、安価な一品もあり、楽しそうです。

その他、海鮮系の豪華な定食から丼まで、観光客が満足しそうなメニューが沢山あります。

    

おさない食堂は観光客向けだけでなく、地元の住民にも愛されていて、下記のようなラーメンやカレーもメニューに揃えられているのが嬉しいです。

 

その他、お酒のつまみになりそうなものもあります。

私はこの店では、過去に、うにいくら丼などの海鮮丼や、ほたて貝焼きみそ定食など観光客がよく選びそうなベタな物を選んで食べていたのですが、今回ははらこめしにチャレンジしてみました。御飯の上に鮭のフレークといくらが乗っていて、ご飯が炊き込みご飯では無いのが面白いです。味は超美味しかったです。あと、お味噌汁も薄味で優しい味がして超美味しかったです。因みに私には、いくらの量はこれくらいで丁度いいので、次は、ご飯だけ大盛りで頼んでみようかと思います。

あと、箸入れが昭和な感じで渋いです。

という訳で、この日はそれなりに仕事をこなした後だったので、1,000円ちょっとの豪華なランチを楽しむことが出来ました。

次回はラーメンやカレーなどにもチャレンジしてみようと思います。

静岡市呉服町というか紺屋町のゴールデン地下街にあるマグロ丼ぶんたで海鮮丼(マグロ丼)や寿司を買って食べました

2020年9月3日(木)は、静岡市呉服町というか紺屋町のゴールデン地下街にあるマグロ丼ぶんたで海鮮丼(マグロ丼)や寿司を買って食べました。場所は静岡駅北口から地下に入り、地下道を呉服町の方に進んでパルコの前を通り突き当り辺りに下記のまぐろ丼ぶんたがあります。

もちろん、店の中でも食べられるのですが、下記の通り、店頭の冷蔵庫に海鮮丼や寿司が置かれており、テイクアウトで直ぐに持ち帰れます。

店頭に並んでいるもの以外にも、メニューにあるものなら、その場で別メニューも作ってくれるようです。

テイクアウトメニューです。

先ずはサービスメニューの500円のまぐろ丼を買ってみました。

醤油が焼津市のヤマキンというのが渋い感じです。

静岡県人は刺身の中でもマグロが大好きなので、静岡で買ったマグロの海鮮丼には安心感があります。味は普通に美味しかったです。

また別の日には握りずしも買ってみました。

ネタの種類も豊富で、握りずしも普通に美味しかったです。

更に、この日は黒はんぺんもアテにして頂きました。

伊勢丹の地下には、黒はんぺんを売っている場所が二か所あるのですが、私は食感が堅めの生鮮食品売り場の魚屋コーナー(東の信水産)の黒はんぺんが好みです。

この店は従業員が若いのが特徴的で、陰ながら応援したくなります。次回は、ぶん太のメニューに載っている高い海鮮丼にもチャレンジしてみようと思います。

八戸市類家のやきとりスタジアム金メダルにて焼き鳥やづけ丼をお持ち帰りテイクアウトしました

2020年5月7日(木)は、八戸市類家4丁目のやきとりスタジアム金メダルにて焼き鳥やづけ丼をお持ち帰りテイクアウトしました。場所は国道45号線を階上の方から中心街の方に走っていくと、コナカやツルハドラッグのある類家五丁目交差点を左に曲がり、コープやユニバース類家店の方向に進んだすぐのところの右手にあるラーメンのまる超の隣にあります。

この店の営業時間は12:00~21:00で定休日は月曜日です。ランチタイムと夜には店内での飲食が可能で居酒屋的な使い方ができるのですが、隣に併設された屋台みたいなところもあり、営業時間であれば、いつでも品物を受け取れる気軽さが魅力です。

この店は知る人ぞしる名店で、もともと舘鼻岸壁の朝市で2か所も出店している有名店なのですが、過去には、マエダストアというかスーパーみなとやにも併設されていて、いつもお客さんが絶えない人気店でした。なので、類家に店舗を構えることになって超うれしいです。

メニューは下記の通りで、店内では、各種の丼ものが食べられるようです。その他、納豆みそラーメンというのも面白いです。

更に、居酒屋タイム?の店内では、各種の串物も楽しめるようです。

あと、お持ち帰りでの丼物は500円とワンコインで楽しめるようです。

昼の持ち帰りタイムには下記の屋台の窓から、すごい勢いで煙が立ち上っていて面白いです。因みに、事前にTEL 0178-20-7820に電話して注文してから受け取ると時短になりますが、飛び込みで店舗に行っても、すでに焼きあがった各種の焼鳥が、屋台の店頭に並んでいる場合もあります。

ここの焼鳥は、中心街の居酒屋に比べて、単価が安いのが魅力的だと思います。

朝市おてつだいという看板も魅力的な感じです。

金メダルの焼鳥は、特にマエダストアというかスーパーみなとやの時代によく購入していたのですが、今回は塩味のたん、サガリ、正肉、ぼんじりを1本づつ頼んでみました。超おいしかったです。

づけ丼です。マグロやサーモンだけでなく、タコや様々な種類の魚のづけが入っているのが嬉しいです。あと、真ん中の卵黄を混ぜて食べると、美味しさが倍増します。お好みに応じて、わさび醤油を追加するのもよいと思います。

また、別の日には店頭に置いてあった、シャモロックの正肉(塩)を食べてみました。焼き具合も完璧で超美味しかったです。

というわけで、他にも各種の焼鳥や丼ものがあるので、逐次、情報をついかしていこうと思います。

八戸市柏崎一丁目の森山食料品店で惣菜や刺し身を買って食べました

2020年4月22日(水)は、八戸市柏崎一丁目の森山食料品店(森山商店)で惣菜や刺し身を買って食べました。国道45号線の柏崎の交差点を中心街というか飲み屋街の方に曲がってくると、下記のもりやま食料品店という看板が出てきます。停めやすそうな場所に駐車場があるのが嬉しいです。

店構えは意外ときれいな感じです。営業時間は9:00~21:00と長く、定休日は無し?で不定休のようです。

今まで、気にしていなかったのですが、今回は在宅ワークの昼休みに買い出しに来てみたのでした。

店内には様々な食料品や惣菜、刺身などが置いてありました。今回は、自分にとってレアそうな惣菜を買ってみました。先ずは、マンキ食堂のサラスパです。マンキ食堂は、みろく横町の居酒屋らしいのですが、まだ行ったことがありません。こんな場所で出会えるなんて感動的です。サラスパはマヨネーズがイケナイ味がして超美味しかったです。

謎のフライです。誰が作ったものなのでしょうか?

自宅に持って帰って軽くチンして揚げ焼きしましたが、何かの白身魚のフライで超美味しかったです。これはアタリの惣菜でした。

多分マグロの刺身です。見た目が美味しそうなので買ってみましたが、バチマグロでしょうか?普通に美味しかったです。

というわけで、歩いて5分以内のくらいの場所に良さげな商店をみつけました。店主がご高齢な感じで何時まで続けられるのか分かりませんが、弁当惣菜関係の買い物を近場で済ませたい時に活用しようと思います。

平塚市の創作料理・彩(あや)にて豪華な和食の会席料理と日本酒を頂きました

2020年1月1日は神奈川県平塚市の創作料理・彩(あや)にて、豪華な会席料理の海鮮の和食を頂きました。場所はJR東海線の平塚駅の西口から平塚八幡宮の方に向かって公園通りを進んでいくと、下記の看板の創作料理・彩があります。

この日は両親の結婚記念日ということで、お祝いの席を設けられる店を探していたのですが、完全個室というキャッチフレーズに惹かれ、口コミでの評判も良く、正月でも営業して頂けるこの店にお世話になったのでした。この店は居酒屋とは違い、VIPの接待にも使える高級割烹料理のような豪華な雰囲気があります。

店の外にもメニューが置いてあり、入りやすい雰囲気です。

その中でも7000円の彩コースというのがオススメのようです。

店内に入ってきました。本日のオススメのメニューが飾ってあります。

とてもきれいな店内です。

座敷の席もあるようですが、私達は椅子に座れるテーブル席に入れました。

メニューです。会席料理のコースがメインで、5000円から選べるようです。

その他、刺身などの海鮮料理が売りで、板長による渾身の一品料理も頼め、美味しいお酒も堪能できる超高級な懐石料理のお店のようです。

今回、私達は、5000円のおまかせコースをお願いしてみました。まずは、先付です。左下の酒盗みたいのは、魚を漬けた感じのもので、日本のお酒を含んだ後に食べると超美味しく頂けると思います。また、真ん中の上のごま豆腐みたいのも、深い味がして美味しかったです。

刺身のお作りです。ブリ、ソイ?、マグロの三種盛りで、どれも新鮮で美味しかったのですが、特にマグロが赤身から中とろへの変化が絶妙な感じで絶品でした。

ブリ?の焼き物です。美味しくて日本酒が進む感じです。

ここで新潟県長岡市の吉乃川のもっきり酒を投入。ちょい辛口らしいです。飲みやすい感じで良かったです。

ふぐの天ぷらです。身がぷりぷりしていて超美味しかったです。突き合わせのシシトウガラシも美味しく頂けました。

豚のすき焼き風です。生卵を溶いたものと一緒に、とても美味しく頂けました。

シメはお味噌汁と栗ご飯です。特に栗ご飯が塩加減が絶妙であり絶品で、失礼なから、今回食べた料理の中でも栗ご飯が一番美味しかったと思えるほどの美味でした。

突き合わせの漬物も美味しく頂けました。

最後にデザートまで頂けてありがたかったです。

というわけで、創作料理・彩は特別な日のおもてなしや接待などに使えそうな超美味しい和食店だと思います。

今回は、私達のために元旦から料理をご準備頂き、この場をお借りしてお礼申し上げます。

羽田空港の近くの穴守稲荷駅前の和食処・日本料理・みさきやにて超うまい刺身定食を頂きました

2019年12月16日(月)羽田空港の近くの穴守稲荷駅前の和食処・日本料理・みさきやにて、超うまい刺身定食を頂きました。この日はインドのムンバイからの出張帰りで、帰りの飛行機の到着時間が微妙だったので後泊せねばならず、その夜に「みさきや」におじゃましてみたのでした。ムンバイでは、ひたすらインド料理の洗礼を受け、なおかつ殆どの食事がベジタリアンフードだったので、インド料理にやられて食欲も減退していたのですが、せっかくなので旨い刺し身の食べられる定食屋を検索していたところ、この店にたどり着いたのでした。場所は、京急の穴守稲荷駅から川崎の方に向かって暫く進み、左に曲がって更に暫く進むと下記の店舗が見えてきます。

住所としては東京都大田区羽田4丁目なのですが、最寄り駅としては京急の天空橋や穴守稲荷と言ったほうが憶えが良いと思います。

営業時間は11:30~13:30と17:30~22:00で定休日は土曜日、あと日曜・祝日は夜のみの営業のようです。

本日のサービス品も定食として屋外に掲示されており、分かりやすい感じです。地場産品応援の店とのことです。

店に入ってきて、奥の長テーブルに座ってみました。すでに何組かのお客さんがおり、皆さん普通に呑んでいました。聞こえてきた会話から、町内会の方々のようです。

メニューです。定食メニューは魚介類では穴子丼、海鮮丼、刺身定食、肉関係では、とんかつ定食が美味そうです。あと、天ぷら膳(さしみ・天ぷら)も楽しそうな感じです。

その他、一品料理も充実しています。

また、確かに店内のホワイトボードに季節のおすすめメニューが書かれてあった気がします。ただ、この日は内容までは確認できず残念です。その他、飲み物関係の品揃えは下記のとおりです。

というわけで、今回は手始めに刺身定食をお願いしてみました。この日は色々とひどい目にあったムンバイからの生還記念ということで、一人打上げ in 穴守稲荷を開催しました。私も今まで色々な外国の都市に行きましたが、今回のムンバイの学会会場は、交通の便的に難易度が高かったです。そこで気晴らしに焼酎のロック(水割り)を頼んだところ、定食のうちの小鉢が先に出てきてありがたかったです。

両方とも焼酎にぴったりで、深い味がして酒のアテにもなり超美味しかったです。

暫く呑んでいるうち、ついに刺身を含む、さしみ定食一式が到着しました。

下記の刺身の盛り合わせの写真はすでに、2,3切れ食べてしまった後なのですが、イワシ、マグロ、サーモン、タコ、タイ、アブラメ(多分)など沢山の種類の刺身の盛り合わせで、味も超美味しかったです。

というわけで、この日はもう一杯、焼酎のロック(水割り?)を頂いたので、合計で2,000円ピッタリの豪華な夕食(一人打ち上げ会)となりました。羽田空港の近くというか穴守稲荷界隈で、羽田での前泊、後泊の時に寄れる良い店が発見できてよかったです。超美味しかったので、次は天ぷら膳や上刺身定食、単品では自家製塩辛にもチャレンジしてみようと思います。