「十和田市」カテゴリーアーカイブ

スーパーホテル十和田天然温泉の朝食が超美味しいしボリューミー

2021年3月26日(金)は十和田市稲生町のスーパーホテル十和田天然温泉に宿泊したのですが、とても充実した滞在が出来たので記録しておきます。

十和田市は八戸から日帰り出来る距離なのですが、それでも歳をとってくると、日帰りが面倒になってきたりします。そんな時に気軽に宿泊できるのが、いわゆるビジネスホテルです。

宿泊すると、その夜に居酒屋やレストランなどでゆっくりしても、ホテルに戻れば、すぐにゆっくり出来るというメリットもあります。

しかも、このスーパーホテル十和田は宿泊中に天然温泉が楽しめるという、おまけつきです。チェックイン後の夕食の後の入浴は超気持ちいいし、朝起きてから朝風呂を楽しむという使い方も出来ます。

それ以外にも、このスーパーホテル十和田は朝食が超美味しいという特徴があります。

この日は、たまたま肉ものの惣菜が鶏の唐揚げで超ラッキーでした。味は普通に美味しかったです。あと、白ご飯にカレーもかけてみました。

あと、肉じゃがも、やさしい味がして美味しかったです。

更に、ここの朝食の売りは、十和田名物のバラ焼きが食べれることです。こちらも超美味しかったです。

最後にヨーグルトのデザートも頂きました。

というわけで、コロナ渦で渡航が制限されている世の中ですが、今回は県内でのホテルへの宿泊滞在を楽しむことが出来て良かったです。

十和田市の十和田365という複合型商業施設で食材や調味料やパンとかを買いカフェでカレーやパフェを食べまました

2021年2月1日(月)は、十和田市の十和田365という複合型商業施設で食材や調味料とかを買いました。場所は旧十和田市駅の近くのハードオフとかの斜め向かい、ユニバースの隣あたりに下記の建物があります。駐車スペースが沢山あるのが良いと思います。

ショッピングスペースの営業時間は現在、9:00~19:00の時短営業で水曜日が定休日、レストランの営業時間は11:00~14:00で、定休日は月曜日のようです。

ショッピングスペースは、地方の特徴的な食材や調味料が沢山置いてあり、また、弘豚という精肉店やチーズ専門店、ベーカリー(パン屋)、更にカフェも併設している感じです。イメージとしては、青森駅前のA-Factryのような施設です。今回は下記の食材関係とパン屋のマフィン(スコーン)を買ってみました。スコーンは連れへのお土産でしたが、普通に美味しかったそうです。

メロンパンです。超美味しかったです。

オレオ入のマフィンです。オレオがブラックコーヒーに合っていて、超美味しかったです。

ほうれん草です。新鮮なほうれん草が激安で買えてラッキーでした。

また別の日には、カフェでカレーやスイーツをイートインで食べてみました。下記はカレーやスープ、パフェなどのメニューです。

あと、アイスクリーム等のメニューです。

今回は、バターチキンカレーをしてみました。カレーはチキンが沢山入っていて、スパイスカレーと行った感じで美味しかったです。私はインドで何度も本場のカレーを食べているのですが、何故かインドのカレーと同じ様な味がして不思議でした。あと、付け合せのパプリカも超美味しかったです。

チョコバナナパフェです。バナナの風味が主張していて、普通に美味しかったです。

この店は、クレカやWAONでの支払いにも対応しているのがありがたいです。次は、肉屋のメンチカツや唐揚げにもチャレンジしてみようと思います。

十和田市の激安スーパー ヤマヨの品揃えや店内ポップとかが色々とヤヴァい

2021年1月14日(木)は、十和田市の激安スーパーであるヤマヨ十和田店にお邪魔したのですが、品揃えや店内ポップとかが色々とヤヴァいので記録しておこうと思います。場所は十和田市の中心街から北里大学というか国道4号線の方に進んでいくと、下記の看板の店が見えてきます。

駐車場は比較的に広いので車を停めやすいと思います。

それでは、中に潜入していきます。

先ず入った瞬間、戦時中の戦艦の行進曲に使われている異なる複数の音楽が次々と大迫力で響き渡っていてびっくりします。そして中に進んでいくと、様々な食品系の品物がびっくりするほどの激安で売られてるのが凄いです。あと、今回は遠慮して店内の撮影は控えましたが、店内のポップが異彩を放っていてTwitterなどでもバズったようです。

ここのポップの写真は、既にSNS等で大量に拡散されているので、公開しても大丈夫そうなものだけ一例としてアップしておきます。永○園の味噌汁ですが、「大革命は言い過ぎ。はい、やり直し」と軽く潰しにかかっています。

「商品名長すぎ!要はお湯を注ぐだけで良い出汁のスープができる品です」とのこと。このポップも潰し系ですな。あと、「しゃくれていないけど、世の中いつの間にか、あごのお出汁が蔓延してました」は親父ギャグ系のポップだと思います。

「規格外ですが味は正規と変わらない」、「歯ごたえがたまらんのじゃ。一日おきに食べてもイイ!」、「おしゃぶり!豚足がら。まだまだ身がついている」は真面目なのか不真面目なのか分からない系のポップです。

海外のスーパーで見かけるような微妙な袋麺です。Reeva(リーバ)って何?のロブスターヌードル、「ほんと?まずロブスターを食ったことがないから分からない」とのこと。

拝啓から揚げ様、今会いたい、すぐ会いたい、砂漠の真ん中でも食べたい。とのことで、日本食研のから揚げ作りは、私もイチオシの商材です。

「年明けちゃった・・・」鬼滅の刃カレンダー。可愛そうなので誰か買ってあげてください。俺はいらんけど。というか、オジサンには鬼滅の刃とか良く分からん。

トメイドゥ、口には出せませんが脳内ではいつもこう。とのこと。

アシストバルールのボルシチです。ロシアでしたっけ?プーチンもこよなく愛してるトルストイもガガーリンも(適当)という訳で、適当なロシア人の名称を挙げている感じです。私だったら、チェビシェフ(数学者)やトカチェフ(体操選手?)、ゴルバチョフ(大統領)といったところでしょうか。

戸田久のもりおか冷麺です。ゴムゴムの能力者ではございません!中にはゴムみたいって言う方もいますが・・・旨いっす!とのことで、北東北外出身者の自分も冷麺はゴムみたいな食感が苦手なので、これは激しく同意できます。

あらびきポークウィンナーですが、「毎日食べるとさすがに飽きます。」とのことで、これも商材潰し系のポップです。

「父ちゃんごめんよ。今日も塩おにぎりで・・・梅も昆布も値上がりなんだ。でもヤマヨはやすいじゃないか。父ちゃん明日は梅入りですよ。」なんだか訳が分かりませんが、多分、昭和時代の貧乏感と昔話系のテイストが混ざったポップだと思います。

青森県人というか津軽人にはおなじみのジャンボあられで、「なんぼ食っても飽きねぇ」とのこと。昭和テイストと地元の方言系の混ざったポップです。

「タカヒロ」のオススメ!36個も入っています。勝手に試食したら旨かった~」とのことで、組織に刃向かっている(歯向かっている?)感を出した、盗んだバイクで走り出すとかキシむベッドの上で優しさを持ち寄り〜や、ハマショーのJ BOY 限りなく豊かなこの街にぃからの、水平線を走り出したい〜マネー、サンフランシスコ、系のマキタスポーツが言うところの微妙にBOOWYが入ってイキった厨二テイストのポップと言えるでしょう。他にも冷食売り場の「タカヒロ」のポップは、逝っちゃってる系のヤバいポップが多く、一線を越えていそうなのもあるので、多分ネットにアップできないのが残念です。

というか、この時代における、負(マイナス)思考なキーワードは、キー(鍵)、サバイバル、あの子、家庭、ギター、ロード、アメリカ、疲れ、あいつ、真夜中、空白、誇り、孤独、日常、理想、仕事、夕暮れ、ネクタイ、水平線、午前4時、豊かな、彼の国、イった、彼女、怒り、理想、バイク、ベッド、残し、孤独、虚しさ、悲しみで、それを受け止め乗り越え打ち砕き吹き飛ばして突っ走り突き抜けれ(的な動詞で畳み込み縮退させれ)ば、幸せは舞い降りると思われます。多分 、昭和の時代は)。show me your way! by Shogo Hamada

女子に人気No.1の商品。タカヒロもうなるこのうまさ!だってタカヒロも半分女の子だもん!とのことで、後半は単に意味不明な文章です。

この店の商材は基本的に安いのですが、例えばマルヌシ(八戸にそんな水産加工メーカーあったっけ?)のしめさば(お刺身用)は一枚税込みで150円。「傷があります。儲けはありません」とのこと

ヤマヨは弁当や総菜が激安なことでも有名です。たとえば250円という激安で、各種の弁当が楽しめます。

店内のレジの外にたいやき屋もあるので今度、連れへのお土産に買って帰ろうと思います。

店内を巡っていると、何が安のか高いのか訳が分からなくなってくるのですが、特に弁当、惣菜、魚介類やハムソーセージ類が安かった気がします。今回は無難に下記の食材や弁当を買ってみました。

別の日に買った商材(食材とお菓子)です。あまり八戸で見かけない変わった物をチョイスしています。

250円で激安のチキンカツ弁当です。

タルタルソースが大量に乗っています。激安なのに、カツもご飯も大盛りなのが凄いです。

焼き肉弁当で、これも250円と激安。味は濃いめですが、チンして食べたら普通に美味しかったです。

また別の日には揚げ物を買って帰りました。イカ唐揚げは100gあたり128円で激安だと思います。イカが新鮮だからか超美味しかったです。

希少部位の手羽トロの竜田揚げで、100gあたり100円と超激安。塩コショウが濃い目でパンチが効いた味で美味しかったです。

次の日には、電子レンジでチンした後にフライパンで揚げ焼きして食べましたが、カラッとしていて美味しく頂けました。

若鶏ムネ竜田揚げチリソースです。普通に美味しかったですが、何かの粉を混ぜているのかイケナイ味がしました。

超面白い店なので、次は二酸化炭素を吐き出して呼吸している連れと一緒に突撃してみようと思います。

十和田市の十和田市の畑中あんこやで草だんごとかを買いました

2021年1月14日(木)は、十和田市の畑中あんこやで草だんごとかを買いました。場所は、八戸や六戸の方から十和田の市街地に曲がる道の次の道を右に曲がって進んでいくと、下記の看板が見えてきます。

店の裏に駐車場があるようです。

営業時間は8:00~18:00で日曜日は8:00~12:00とのことです。

冷凍団子もあり、全国発送できるようです。

だんご関係のメニューは下記のとおりです。

この店は、名前の通り、パック詰めされたあんこを単体で買うのが通のようですが、今回は連れへのお土産に510円で3個入りの団子を買ってみました。普通に美味しかったとのことです。量が多いので、1つは冷凍して保存しました。

また別の日は、団子が売り切れで、店頭に置いてあった、確か麦もちみたいなものを2種類買いました。合計で260円だったと記憶しています。連れがネットで調べたところ、これはゴマもちで普通に美味しかったそうです。

次はあんこ単体での購入にもチャレンジしてみようと思います。

十和田市の定食屋である味一番で定食のランチを頂きました

2021年1月14日(木)は、十和田市の定食屋である味一番で定食のランチを頂きました。場所は八戸や六戸の方から十和田の市街地に曲がって進んでいくと、下記の看板が見えてきます。定食500ヨリというのが目印だと思います。

隣に大きな駐車場があるので、車で来ても安心です。

営業時間は11:00~14:30および16:30~18:00とのこと。夜の部が早い時間から始まるのがありがたいです。また、定休日は月曜日のようで、日曜に営業しているのも良い感じです。

牛バラ定食600円を推しています。また、店頭にメニューが貼ってあるので、参考になりありがたいです。

その他、各種ラーメンも頼めるようです。

店内に入ってきました。とても綺麗に清掃がされていて清潔感があります。

取り揃えられた本が、yawaraやシティーハンターなど昭和50,60年代のコミックなのが気になります。

4人がけのテーブル席に座ってみました。

メニューです。定食からラーメン、うどん、そばと幅広いです。

定食と飲み物の部です、色々とありますが、カツカレーライスというのも美味しそうです。

麺類です。季節モノではありますが、冷やし中華や鍋焼きうどんまであるのが面白いです。

という訳で、今回はバラ焼き定食を頼んでみました。超美味しそうです。観光客目当ての店では1000円超えだったりするので、きわめて良心的な価格です。

唐揚げ定食です。下味が少し濃い気がしたのですが、カラッと揚がっていて超美味しかったです。これで500円は激安です。超オススメ。

というわけで、十和田市で気軽に入れる定食屋を見つけたので、次は他のメニューにもチャレンジしようと思います。

十和田市のステーキとんかつ・とん喜にて定食を頂きました

2020年1月23日(木)は十和田市のステーキとんかつ・とん喜にて揚げ物の定食を頂きました。場所は十和田市の中心街から官庁街の方に向かった十和田市役所の裏側に下記の店があります。

営業時間は11:30~20:00で、月曜定休です。この日は12:00頃に店にお邪魔したのですが、すでに駐車場が満杯寸前になっていまいた。自家用車での来店時には、まず駐車場の確保が必要です。

店内に入ると、左側に座敷の大部屋の席があるようです。歓送迎会などの宴会にも使える部屋と思われます。

左側にはテーブルと座敷の席があり、私が来店したときにはテーブル席が埋まっていたので、座敷に通されました。

メニューです。表はおすすめ定食になっていて、エビフライやカキフライ、ビーフシチュを推しています。裏面の下側には確かにステーキっぽいメニューも存在しています。

そこで今回は手始めに、とん喜定食を頼んでみました。店の名前の入ったお茶を飲みつつ待つことにします。

十和田だけあって、醤油がワダカンなのが面白いです。

こちらがとん喜定食で、唐揚げとメンチカツの定食となっています。

唐揚げは衣が厚くて普通な感じでした。一方、メンチカツは肉の旨味が凝縮していて超美味しかったです。これがオススメ。

という訳で次回は、「あなたの家のダイニングルーム」とん喜にて、とんかつ定食やハンバーグを食べてみようと思います。

十和田市のサンミッシェルでシフォンケーキを買って食べました

2019年11月19日(火)は、十和田市のサン・ミッシェルでシフォンケーキを買って食べました。場所は、十和田市西三番町23-11で中心街の近くです。この店は、前日のATV青森テレビの「旅々スミマセン・おじ散歩」というテレビのコーナで知ったのですが、たまたま次の日に来店する機会がありました。

この日はココアとパンプキンのシフォンケーキを買いました。

まず、ココアのシフォンケーキはココアのシフォンが甘くなくて、一方で生クリームとの相性が抜群で超美味しかったです。

パンプキンのシフォンケーキは、別の日に頂きました。

かぼちゃの甘さが絶妙でメッチャ美味しかったです。サン・ミッシェルのシフォンケーキはワザワザ八戸からも買いに行きたい逸品だと思います。

十和田市でシフォンケーキが食べたくなったらサン・ミッシェルはオススメの店だと思います。

十和田市のおじゃれ和家にてからあげ定食とかを食べました

2019年11月19日(火)は十和田市のおじゃれ和家にてからあげ定食とかを食べました。場所は北里大学や十和田工業高校の近く(十和田市東24番町)です。また、営業時間は11:00~14:30と18:00~21:00で、定休日は木曜日です。

メニューです。

鶏唐揚定食が人気のようで、その他に麺セットというのも、他のお客さんが食べていて美味しそうでした。

その他、野菜味噌ラーメン、五目あんかけ塩ラーメンや生パスタも楽しめるようです。その他、持ち帰りの中華丼や唐揚げ弁当も面白そうです。

あと、ランチ時にはプラス180円で、コーヒーが飲み放題とのこと。

今回は、ここの唐揚げ定食を試すことが目的だったので、私は迷わず唐揚げ定食をお願いしました。ここの唐揚げは見た目はゴリゴリ系なのですが、衣は以外にふわっと柔らかく、生姜?にんにく醤油の味が若干強めな味でした。個人的には好きな味です。

連れは、ハンバーグ定食を頼みました。一口頂きましたが、タレが変わった味がして美味しかったです。

唐揚げは量が多かったので、店内に据え置かれたタッパーを頂き、2つだけ入れて持ち帰りました。自宅でも食べ残した唐揚げを楽しめるのが嬉しいです。

という訳で、十和田で良さげなランチの店を見つけたので、次回には、石焼つけ麺と鶏の唐揚げセットというのにチャレンジしてみようと思います。

八戸工大の構内に出店していたクレープ店である十和田市のフーカフェ_Fu Cafe にてクレープやクロワッサンサンドを買いました

2019年7月8日(月)は、八戸工大の構内に出店していた十和田市のフーカフェ  Fu Cafe にてクレープやクロワッサンサンドを買いました。

この店は私の主観では、十和田市に在住しているお兄さんが、青森県内の各地にて、オシャレなキッチンカーを用いてクレープなどを売り歩いているイメージです。一方、青森市にも似たようなビジネスモデルながら、生地をイカスミ? 竹炭? で黒くするなど工夫しつつ、移動販売として車でクレープを売っている女性の店があることを連れから聴きました。

メニューと2019年6月のスケジュールです。小川原湖で行われたキッチンカーのB級グルメイベントには私も参加しましたが、確かにFu Cafeさんも出店していた気がします。

先ずは定番と思われるブルーベリー生クリームのクレープを買ってみました。普通に美味しいのですが、クリームが多すぎる気がします。サービスでしょうか?あと、これも個人の感想ですが、500円を払うなら、少しでも良いのでバナナとかの果物が入っていてほしいところです。あと、食後にちょっとスイーツが食べたい時の為に300円で、めっちゃミニサイズとかのバリエーションがあると、小銭を出しやすいと思います。

また別の日には、おかず系として大人気らしいハムツナチーズを食べてみました。確かにハム、ツナ、チーズの味がして、サンドイッチみたいで美味しかったです。これは男子にはオススメ。

ワッフルサンドのブルーベリーです。こちらも普通に美味しいのですが、生グリームが沢山入っていました。

という訳で、次に八戸工大に来るのは2019年9月24日(火)だそうです。飲食の運営は色々と大変だとは思いますが、競合との差別化を図らないと生き残りは厳しいと思います。

次は、あずき系のクレープにチャレンジしてみようと思います。

 

十和田市のかくとみ食事処で唐揚げ定食を頂きました

2019年2月12日(火)は、青森県十和田市の企業からの委託研究の打ち合わせのついでに、中心街にある、かくとみ食事処で唐揚げ定食を頂きました。十和田市内で食事をしようと、たまたま「十和田市 唐揚げ定食」で検索した所、この店の情報がたくさん出てきて超美味しいとの噂でした。そこで自称唐揚げ博士としては、これは美味しいに違いないと動物的な直感で感じ、その使命として店に突撃してみたのでした。

営業日と時間は月曜から土曜で ランチは11:30〜14:00、 ディナーは17:00〜20:00で、日曜日は定休日とのこと。駐車場は道路を挟んだ向かいに3台程度駐車できます。メニューは下記のとおりで、客の注文を聞いていると、天ぷら定食や焼き魚定食が人気のようです。あと、以前は刺身定食というのもあったらしいですが、今はメニューから除外されたらしいです。

更に、夜は居酒屋的なメニューで安価に呑めそうです。

しかし、今回は噂の税込み540円の唐揚げ定食を頼んでみました。他にも、同じ値段で天ぷら定食や焼き魚定食が人気のようです。

その唐揚げ定食ですが、はっきりいってメッチャ美味しかったです。まず、衣がカリカリで素晴らしい食感です。味付けはシンプルな塩からあげといった感じでしょうか。そのままでも十分美味しいのですが、酢ラー油を付けて食べると美味しさがヤバイくらい変化します。私こと八戸のグルメ王は、これを味の確変(味の確率変動)と呼ぶことにします(味の確変や~)。定食が余りに安かったので、申し訳程度に冷奴も追加オーダーしましたが、こちらも定食とよく会いました。あと、突き合わせのふりかけのかかった白菜の漬物みたいなものも超美味でした。ごはんが美味しいのも三度びっくりです。味噌汁には豆腐が入っていて薄味で、好みの味でした。

という訳で、この唐揚げ定食は、ワザワザ八戸から食べに行く価値もある超美味しい唐揚げでした。この店は、十和田市民には余りにも有名な名物定食屋だそうです。ご夫婦で営業しているようで、末永く続けて頂きたいと思います。八戸市内にもこのレベルの美味しさの唐揚げ定食を出す店が欲しいところです。あと次は、皆さんが頼んでいた天ぷら定食にチャレンジしてみようと思います。