八戸工大4階の学食の唐揚げ定食が結構美味しい

2017年3月14日(火)は、八戸工大4階の学食で唐揚げ定食を頂きました。皆さんもご存知の通り、私は自他共に?(というかgoogle先生も)認める自称から揚げ博士であり(個人的にはスーパーみなとや専属のカラアゲニストである水堀氏を勝手にライバル視している)、八戸市内の唐揚げに関しては、中立的な立場から数々の研究成果を残している、この私でありますが[つききん]、[大安食堂][検索結果]、その自称唐揚げ博士も納得できる唐揚げが身近なところにあるので、ここにご紹介いたします。それは、八戸工業大学4階のレインボーという学食のAランチとして、毎週火曜日と金曜日に提供されている唐揚げ定食です。この日のBランチは八戸前沖サバの干物定食ということで、こちらもなかなか渋いメニューだったのですが、今回は唐揚げを紹介する為、あえてAランチを選択しました。

  

その他にも、日替わりで様々なランチが提供されていますが、今は授業が無い時期なので、簡便なメニューの設定となっています。

 

八工大の唐揚げ定食は3種類のお好みのソースを選べます。その日によってソースが異なりますが、チリソースは毎回有った気がします。

はい、こちらがうわさの唐揚げ定食です。そのままだと白ご飯が大盛り過ぎるので、私はいつも量を減らしてもらっています。鶏肉自体は海外産なのでしょうが、ちゃんとしたフライヤーで生肉(冷凍かも)から揚げているからか、唐揚げとしては良い出来だと思います。味噌汁にキャベツの千切りが入っているのも面白いです。あと、くだらないのですが、揚げたてを食べたかったら、開店直後を狙うといいと思います。この日は短縮営業中だったので、開店時間は11時でしたが。

 

ちなみに2階および4階で学食を経営していたシダックスは、2017年3月21日(火)をもって八工大から撤退するそうです。次年度からは別の業者が担当するそうで、業者が変わっても、この唐揚げの味だけは落とさないでほしいです。

追伸として、2017年11月2日(木)に久しぶりに八工大の学食に行ってみました。4月から葉隠(ハガクレフード)とかいう東京の業者に変更して軒並み値上げしてしまい、またメニューも大幅に削減で改悪され、貧乏人には厳しかったので、最近は学食を避けていました(八工大周辺にも車で少し移動すれば美味しい食堂が幾つもあるので)。しかし、この日は忙しくて外食する暇もなかったので、2階の旧シダックスで昼食をとることにしました。下記は確かランチAとかいう定食で、この日はたまたま私の得意分野のから揚げ定食でした。

唐揚げの上にかけるソースが現在も3種類から選べるのは良いです。

しょうもないのですが、先日、フランスのアンジェという所でケバブ屋に入った時、「サムライソース」という名称を覚えました。フランスのケバブ屋で 「ソースはどうする?」 とまくし立てられたら、辛いのが平気な人は 「サムライソース!!」 と言っとけば大丈夫だと思います。

話は戻って、今回食べた八工大のから揚げは、作り置きしていたからか冷めていたのですが、まあまあ美味しかったので、自称から揚げ博士としては、一応合格点とします。今回かけた「オーロラソース」は、フランスのケバブ屋の「サムライソース」に似ていました。今度は、八工大の学食でのランチメニューが唐揚げ定食と分かったら、調理済みの料理の保温設備が整っている4階のレインボーまで行って食べてみようと思います。あと、最近パスタ関係が全く提供されていませんメニューが大幅に削減され、値段も軒並み値上げしたのですから、メニューとしてそろえる約束というか契約がされているはずのパスタぐらいは、ちゃんと定期的に提供して欲しいです。

追伸

別の日にも学食で唐揚げ定食を食べました。この日はトッピングに「カラシマヨネーズ」というのをチャレンジしてみましたが、まぁまぁ揚げたてな感じで、普通に美味しかったです。ご飯の盛りが以前よりも多くなった気がします。

これはチキン南蛮定食です。タルタルもかかっていたのですが、甘めのタレも沢山かかっていて、衣をつけた鶏の本来の味がよく分からなかったのですが、まぁ普通な感じでした。

2018年3月6日(水)にA定食として提供されたチキンカツ定食です。鶏肉がメッチャ叩き伸ばされていて激しく薄く、肉の量としては半身もない感じでした。どうやったらこんなに薄く伸ばせるんだろう・・・あと味はまぁまぁでしたが、脂身が多かった気がします。これで450円て、なんだかなぁ~。久しぶりに学食を使いましたが、最近の学食は地雷率が高いなと実感しました。

ただ、更に別の日にも、また学食に来ました。この日は火曜日なので450円のパスタのメニューがあったので食べてみました。ハンバーグが乗ったナポリタンスパゲッティーで、麺をちゃんと茹でているからかアルデンテ感もあり、なかなか美味しかったです。

この日はチーズハンバーグ定食というのを食べましたが、普通に美味しかったです。最近は学食も少しずづ改善されているかも。

別の日には下記の鶏南蛮つけそばというのを頂きました。つゆに鶏が結構入っていて普通に美味しかったです。冷凍麺を使っているためか、麺にコシがあるのも良いです。なお、量は1.5人前だそうです。これで300円はコスパが良いと言えます。

また、この日の夏は300円の冷やし担々麺を食べましたが、超美味しかったです。これはオススメ。

310円の醤油ラーメンです。中太麺で、麺の味がちゃんとして美味しかったです。シナチクやチャーシューも乗っており、コスパが良いのでオススメです。

更に、別の日は忙しくて学食で食べる暇が無かったので、学生ホール1階のヤマザキデイリーストアーが経営している売店でナポリタンスパゲッティーを買いました。350円という、なかなかお手ごろの値段でパスタが食べられるのは良いです。作り置きだからか少し麺が伸びていましたが、普通に美味しかったです。

 

更に別の日には学食のメニューが微妙だったので、1階の売店で下記の350円の野菜炒め丼みたいなのを食べました。中華風の野菜炒めみたいな味で、野菜がいい味出していて肉も多めで美味しかったです。コスパも良いし、かなり満足でした。やはり学食のメニューがショボくて困った時には売店で弁当を買うのが良いと思います。

  

夏の時期に八戸工大の学生ホールにある売店で買ったざるそばです。4階の学食で作っていると思われるのですが、麺が伸びていて残念な味と食感でした。ただ200円と激安なので、ただお腹を満たすには良いかも。

また別の日の夏の時期には、下記の冷やし中華を買ってみました。

4階の学食で作ったと思われますが、麺がモチモチで超美味しかったです。これは超オススメ。

同じく、売店のレジの横に置いてあった160円のフライドチキンです。業務用の冷凍物を4階の学食で揚げていると思いますが、自称唐揚げ博士としても意外と美味しく感じました。最近の冷凍食品は馬鹿に出来ない感じです。

更に別の日には、八戸工大二高に近い下宿街にあるコ◯ナッツカレーの店に行ったのですが、何と月、火は定休日でした。なので、近所で超うまい階上そばが食べれられる国道沿いのお◯な分店に行こうとしたら、火曜日は定休日でした。なので仕方なく、学食の情報を得ようと八工大の学生ホール1階のヤマザキデイリーストアーの売店に行ったところ、意外と沢山の弁当が並んでいました。暑い時期なので、ざるそばや冷やし中華があるのが嬉しいです。

そこで、陳列されている弁当群を色々と物色していたのですが、その中に台湾まぜそばなるものを発見しました。

これは、焼きそばの麺に挽肉のそぼろと半熟卵が乗っていて混ぜて食べる感じです。味の方は、麺がモチモチとして食べごたえがあり、また、挽肉とネギと半熟卵を混ぜるとイケナイ味に変化して超美味しかったです。中国、香港、台湾、韓国、インド、タイ、マレーシア、アメリカ、オーストラリア、フランス、スペイン、ポーランド、チェコなど世界各国を歴訪して、大舞台である国際会議での外国人の研究者を前にした研究成果の発表のついでに美味しいものを食べ歩いている、自称唐揚げ博士あらため自称八戸のグルメ王も納得の美味しさです。これは博士もお墨付きの逸品と認定しましょう。

クレープ(チョコバナナ)です。中にバナナがちゃんと入っているのに170円と激安なのも魅力。八工大には1ヶ月に一度程度、キッチンカーのクレープ屋が来るのですが、中に何も入っていないのに値段が2倍以上するので、この売店のプレープが色々な意味で魅力的に感じます。味は普通に美味しかったです。

という訳で、八工大の中にも意外と旨いものが存在することを最近気がついた「自称八戸のグルメ王」のHIT Teamたねちゃんなのでした。